2016年02月02日

ブルーカレント オールレンジ 85TZ/NANO キャスト動画公開

85.jpg


やっぱり今年イチオシのBlueCurrent 85TZ/NANO !

フィッシングショーでも好評だったみたいですねー。

もちろん私もウズウズが止まりません。。。。


ポチッとよろしくです


なんとはなしにヤマガブランクスの HPを見にいったらお待ちかねの85TZ/NANOのキャスティング&実釣動画が公開されていました!

いつものことながらこの動画でヤられてしまうんですよね。(困


動画では3gのジグヘッド。
15gのメタルジグ。
メタルマルの19g。
3.5号のエギ。

のキャスティング動画と実釣動画が収められています。

また合わせてスタッブログもご参照ください。


・・・・・・・・・


実際すごい悩んじゃってる訳ですよ。私なんかも。。。

だって91TZ持ってるし…

HPに書いてたでしょ?パワーは91と同程度…って。

なんぼヤマガが好きでもカブるロッドを複数持つ程財布にお金はない訳で…。

でも85TZ/NANOには91にない引き出しがある訳ですよ。

91TZでも究極になんでもロッドだと思ってたんです。
キャロもジグもなんでも投げられる。
前に書いた91TZとTIの比較記事を読んでもらうと伝わると思うけどレングスからは考えられない振り抜けの良さと3割UPの高感度。それでいてトルクフルな宇和海のギガアジをぐいぐい浮かせるパワー。
綺麗な弧を描いて曲がりパワーの出し入れがしやすいブランク。
 もうね。最高の1本と言わしめるロッドなのですよ。

でもね、72NANOを使って少し違う感想になった。


短いのも楽しい。。。

やっぱり短い方はピッピとジグを操作しやすい。
それは長さもせいもあるし竿の調子のせいもあると思うのです。

85では対象魚の枠を広げた上で72と同じような快感を味わえるのではないか…

そういう思いに至ってます。


アジングがメイン。
でも季節がくればメジカも追っかけたいし、サゴシも狙いたい。
んなことより2年越しのネイリもなんとかしたい。
グルーパーもやってみたい。

BlueCurrent にハマるあまりそれぞれの魚を狙う為のロッドは持ってなかったり…

・・・・
・・




あ、あった。  エギ竿。 バリアス 86M。


エギングロッドってホント便利で、とりあえずなんでも使えちゃう。
メジカ狙う時はエギ竿だし、ワインドもエギ竿だし、キャスティングタイラバや
寝魚狙いにも使う人多い。
ヤマガには悪いんだけど俺のバリアスエギ振るよりジグ振ってる事の方が多い。

ならばさ、バリアス処分して85TZ/NANOでもいいんじゃない?

エギ竿を使いまわすんじゃなくてエギの振れるジグロッドにする。

動画見てっとさ、エギちゃんとキャスト出来てる。
しゃくりはちょっとついてこない感じに見えはするけど初動はすっと入って戻りが早いのがNANOブランク。

動画解説でも書いてるけどスラッグジャークを意識するって事で分かってればさしたる問題にもならんでしょ。もともとエギングのスキル低いし、エギングはなんかのついで程度にしかしてないしそれでいいんじゃない?

それ考えると91にも同じ理屈がハマってきちゃう。
キャロやフロートを扱うのは85TZ/NANOより91TZの方が得意な気がする。
リグが受ける潮の感じを手元だけでなくブランクの先の方でも感じる事ができる。
巻きの釣りスペシャル。

でもスロージグなど巻き重りがしたり、ピピッとしたアクションを求められると重いリグではしんどさを感じる事があるのは確か。

そこで85TZ/NANO。ナノブランク。

ナノブランクの説明で
「キャスト時や魚が掛かった時はしなやかに曲がるけど高速で戻るのでパワーが…」
ってよく書かれてますがよくわからないですよね。
私も72NANO使うまではよくわからなかった。
使い始めて少しわかった気がするけどそれをうまく説明することはできないでいます。

なんつーんだろ?
ロッドの中に動作のいいダンパーが入ってる感じ。

車好き、バイク好きな方ならなんとなく伝わるかな?これで。

柔らかいロッドなら、でかいのかかると曲がるばかりで魚は全然浮いてこない。

硬いロッドだとテンションかかってればガツガツ状況が伝わるけど、抜けると何も伝わらない。
でかいのかかると力技で浮かせられるけど竿でやりとりできずドラグに頼るしかない。

ナノブランクだとでかいの来てキュンって曲がっても竿をキープしとけばぬぅっって浮いて来ちゃうみたいな感じ。イカの時にそういうことあるでしょ?それそれ。

伸び側にはすっと動き。縮む時には踏ん張る!みたいなね。
実釣動画の中でヒラズズキをかけてるんだけど、近い位置での想定外の大物。
ヒラを浮かせて波のタイミングを待ちスロープにずり上げ。
91だと海面で暴れられてまた潜られてしまうようなパターン。
 85TZ/NANOなら海面でキープできる。

元々はグルーパー用に作られたロッドだしね。がっちりに作られてた。
それをナノアロイの登場によってより細い方向へ手を加えていったのが85TZ/NANO。

ライト方向へ修正を加えるうちにルアーの動きや潮の様子、魚がまとわりつく感覚まで感知できる高感度と、より細いラインでより軽いリグで、ライトソルトというには大きすぎな魚も相手することができるロッドに仕上がったそうです。

操作感を求められるジグの釣りは85NANOの方が91より得意なはず。

双方の得意分野を高いところでカバーしつつ、
 ワームを遠投したいなら91。硬いの遠投するなら85TZ/NANO。


そういう図式がなんとなく出来上がってきました。
・・・・・・・・・

本日もご来店ありがとうございました。

ほんでおまえはどうすんのかって?





ひ・み・つ・・・


お帰りの際はポチッとお願いしますよー。

posted by PEARL at 20:37| 愛媛 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 物欲補完計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

ノブのアソビを追い込む

なんか思い立ってお昼ご飯に仕事場でご飯を炊いてみた。
IMG_1168.JPG
家から昨夜のカレー持ってきてたし、店にはどっかで買った三間のお米あったし、
本当はカレーうどんになるはずだったんだけどね。

残ってたお米は0.8カップぐらい。ちょっと多いけど昼飯だしま、いっか。

ささーっとお米を研いで、水の量は米の倍ぐらい。。。
でもちょっと水多すぎる気がしてちょっと減らしアルコールストーブに掛ける。
IMG_1169.jpg
写真のコッヘルはエスビットのクックセット・アルコールバーナー付 985ml。
実売5000円以下で入門用にもぴったりだと思います。

20分後水の気配が消えてきたので上にコップ(オモリね)を乗せてあと一煮立ち。
ご飯の香りが立ち込めてきたので火を止めて、しばらく我慢。。

完成♪
IMG_1170.jpg
ほうれおいしそうでしょぉ。
冷えて硬くなったカレーを炊きたてご飯で緩めながら食うのもなかなかな味わいなのよ。

(見た目あんまきれいじゃないので写真はナシ)


ついでに思い立ってリールをイジイジ。
IMG_1145.JPG
1003と2台目の2004は手つけてなかったのよね。

買い置きのベアリングをひっぱり出してスプールベアの内臓とハンドルノブの2BB化。


まずは1003スプール。

ドラグのピンを外して。
IMG_1149.JPG

アルミのカラーを裏から抜いて、
IMG_1150.JPG
10円玉でベアリングを圧入。
IMG_1151.JPG

できあがり。
IMG_1152.JPG





続いてハンドルノブを分解してと。。。
IMG_1148.JPG

黒いプラカラーを740ZZに置き換え。

こちら外したカラーとワッシャ。
IMG_1146.JPG

かなりグリスベトベト。
ルビアスはここにベアリング入ってないんだけどメンテナンスフリーを考えるならこれで正解な気もします。
ハンドルってかなり潮かぶりですもんね。
でもベアリングにした方がメンテの手間かかるけどヌメヌメ気持ち良く回るものね。

今回は SuperLube のグリスを足して組み込み。
SuperLubeはフッ素(超微粒子PTFE)配合の多目的グリス。
ベースグリスに配合される超微粒子なフッ素の配合量が一般的な国産のものより全然多く、
フッ素が金属の微細な凸凹に入り込んで滑らかに動くんだそうな。。
 値段も程々だしリール用としても定評のグリスなんですよ。
詳細はこちらを参照してくださいね。


もう1本はベアリングが足りなかったので調整ワッシャでクリアランスの追い込み。
アソビ大きいのでダイワのワッシャを2枚足してみたらさすがに引っかかったので1枚減らす。
アソビは無くなったけどまだ少し重さが残る感じなので、今度シマノの調整ワッシャ取り寄せてみよ。
シマノは薄いのと厚いののセットになってるので調整しやすいのです。

ハンドルのアソビを追い込む事でリール全体のかっちり感が1段上がります。
調整ワッシャだけなら50円だか100円だかのチューンなので是非一度試してみてくださいね。


いやぁ、道具イジリってやっぱり楽しいなぁ。

本日もご来店ありがとうございました。
お帰りの際は下のバナーをポチッとお願いしますね。
ポチがないとやっぱりしょぼーんってなっちゃうのですよ。
ぜひぜひお願いしますね。


posted by PEARL at 02:15| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテとカスタムな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

こっそり新発売! シマノ ストラディックCI4+

FBをウロウロしてたらさぁ。見つけたのよ。


ぽち。。







去年どーんと出てきたストラディックのCi4+バージョンらしい。
こちらは去年出た普通のストラディック
product1.jpg
シマノの HPにも掲載されてるんだけど、スペシャルサイトとかじゃなくて

もう普通にのってるのよ。


このクラスのリールってユーザー多いんだし、いくらバンキッシュがメインだとはいえせめてスペシャルサイトとか作ってどーんと告知してあげればいいのに…

product1-1.jpg

レアニウムの後継機種って訳でもないのだけれど、その価格帯からしてもその位置ですよねー。
重量も同じだけどレアニウムの後継を楽しみに待ってた人にはどうなんかなぁー?
元レアニウムユーザーの目でみるとちょっと違う感じにも見えます。

剛性は上がってるようなんだけど、赤いスプールはどうしてもセフィアをイメージしちゃうし、
ハガネのプレートのついてるあたりはどうにも80年代の匂いがするし…

でもハンドルノブはなんかいい感じにも見える。

横浜行かれる方、大阪行かれる方ぜひぜひレポートお願いします。


posted by PEARL at 02:32| 愛媛 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 物欲補完計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする