2016年07月10日

超定番のサビナイフをようやく購入

いつもの魔界フレンド松前店で数ヶ月に一度
座り込んでしまう一角があります。






それは刃物ガラスケース。

釣具屋さんの割には結構ツボを押さえた品揃えで数はそれほどだけど、
使い勝手の良さそうなきちんとした実用ナイフや包丁を揃えてる。

最近は大手釣具メーカーさんからも結構良さそうなの増えてきてるんだけど
基本安っちいというかとりあえず的なものが多い。

それはそれでOKなんですけどあたし刃物も結構好きなんですよねー。

これまで何本かのナイフや包丁を渡り歩いてきたんだけど
魚を捌く為の刃物としては大小の出刃包丁以外持ってませんでした。

外で捌けるナイフが欲しい… 

そう思いつつ魔界のショーケースを覗き込んでため息。

何年も前から定期的にガン見してるのであんまり物が動いてないのが分かる。
せっかくいいの置いてるのにもうちょっとディスプレー工夫すればなー。
積んどくだけでは好きな人にしか伝わりにくい。
釣りと刃物って切っても切れない間柄なのにもったいない!

そんな事をぼんやり考えつつ鍵を開けてもらい、
やっぱりこれがベストだわって感じでようやく連れ帰ったのがこれ。


G・SAKAI サビナイフ6 仔鯱


IMG_2184.JPG
 
 

●全長:209mm
●ブレード長:93mm
●重量:120g
●刃厚:3.5mm
●ブレード材質:H-1鋼(HRC56〜58度)




サビナイフってのはG・サカイの定番人気のナイフシリーズ。

サビに非常に強いH-1鋼。

丸洗い可能でしっかりと作られたシース。

実用品として買いやすい価格設定。

日本人が使い慣れた刃物を屋外で快適に使えるようとことんまで追求したカタチだと思います。

サビナイフには10種以上ものバリエーションがあるんだけど私が購入したのはサビナイフ6。

使い慣れた小出刃を洋ナイフ的にリファインしてこの違和感の無さはさすがは日本のナイフメーカー。


IMG_2185.JPG

刃の根元、アゴの部分の処理が上手いね!
出刃なのにちゃんとナイフとして成立させてる。


IMG_2186.jpg

そして最大の特徴がサビナイフでも唯一の片刃。
やっぱ日本人には片刃の方が何かと使いやすい。


IMG_2187.JPG

現行モデルはザイテルっていう樹脂グリップになってて、
もっとナイフっぽくてかっちょいいんだけど、
こいつは旧型の黒檀グリップ。
微妙にRを付けてるのはやはりナイフメーカーらしい仕上げ。
実用からいえば樹脂グリップなんだろうけど
黒檀は黒檀で使い込むうちに味が出てくるのでこれはこれでヨシ。



何より良くできてるは付属のシース(ケース)。
IMG_2189.JPG


ナイフ本体に比べてやたら無骨に見えるんだけど、
まぁこれが実用重視のすぐれものでよくできてる。

だいたい和包丁にはそもそもシースなんてないし、
ハンティングナイフのシースは大抵革製。
きちんと洗ってきちんと拭いてからでないとしまえない。臭くなるからね。
それはそれで厄介だし出しっぱなしってのも船上では特に危険。

でもサビナイフのケースは樹脂製でじゃぶじゃぶ洗える。
使ったナイフもちょこっと海水で流してすぐしまえる。
ナイフ錆びないからね。

シースに付属のベルトクリップは好きな角度に調節が出来るし
ネジ穴を利用して船の壁などに引っ掛けて固定する事さえできる。
IMG_2193.jpg


ベルトクリップ外せば意外と薄型で邪魔にもならない。
IMG_2194.JPG



洗えるシースのついた小出刃。
まさに理想形。

特に友達とプレジャーボートで釣りなんて時は、遊漁船とは違ってまったりモード。
釣った魚をその場で食べたい時もあるじゃない?

出張先までロッド持ってって魚釣れても普通のナイフって魚捌くにはやっぱし使いにくいじゃない?

そう言う時にね。最適でしょう?
サビナイフ6小鯱。

前から欲しかったんだけどね。
ようやく手にする事ができました。


・・・・・・・・・・
本日もご来店ありがとうございます。
こうなってくるとね。より魚締めやすそうなサビナイフ1とか、刃渡りがあって普通に包丁として使いやすそうな3とか4も気になってくる。。。

あぁ、なんて欲にまみれた性格なんだろ…。

あ、そだ。
サビナイフに使われている H-1鋼。
ダイビングナイフなんかにも採用されててサビには滅法強いんだけどちょっと柔らかい。
焼き入れしないまま使われる鋼材だししょうがないんだけど、新品の状態で刃が少しめくれてた。

IMG_2188.jpg


展示品だし、シースに触れてこうなったんだろうけど、研ぐ時は少し厚めに刃を付けた方がいいかもです。
細目でピカピカに研ぐよりは中目砥石でさっと刃を立てて、使ってる途中に切れ味落ちてきたらセラミックシャープナーでさっと整える感じかな。。
ダイヤモンドだと削れすぎそうであんまし勧められないかも。

鋼入りの出刃には及ばないけど十分に切れるからそこは安心してください。
錆びずに持ち運べる包丁ってだけでもサビナイフの存在価値が大きく感じます。




あ、フィールドでのタッチアップにはこれ便利よ。

71xqCiVflTL._SL1500_.jpg

ランスキー シャープナー ブレードメディック LSPSMED01


セラミックとタングステンカーバイトのシャープナー。
ダイヤのテーパーロッドで波刃やラインカッターのタッチアップまで出来ちゃう。
値段も2000円程度でお手頃便利。






おおっと後書きながくなっちまったい。
ご無沙汰なのでランキングダダ落ちだけど、
よかったら下のバナーをポチッとしてやって下さい。



IMG_2195.jpg

そしてこちらは土佐の刃物やさんから格安で分けてもらった切り出しナイフ。
グリップない奴なので握り糸で巻き巻き中。
こちらは鋼いりなので恐ろしく切れ味抜群!
誰かケース作ってくんないかなぁ…。

posted by PEARL at 23:04| 愛媛 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 物欲補完計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

ジグの塗装を簡単にはがす

百均には大好きでよく通ってるのですが、

噂のこれをとうとう買ってみた。

ダイソー ジグベイト。 もちろん100円!

IMG_1806.JPG

あちこちで釣果報告も上がってるし使い物になるみたい。
100円だし根掛かり調査のパイロットとしてもばっちり。


でもねー。無いのよ。
ホロシルバーの奴が…


じゃぁ、いっぺん剥がして塗り替えてしまえ!って事で
100円だし躊躇ないです。



さてどうやってコーティングと塗装を剥がすか?

サンドペーパーでゴシゴシなんてやたら根気がいるし、
 リューターなんか使うと削り過ぎちゃったり…

塗装自体はシンナーで落ちますが、表面のウレタンコーティングは
シンナーぐらいではビクともしません。



たまたまなんですけど前にいい方法発見してんですよね。


とある日。瞬間での取付けに失敗したプラグの目玉を外そうとカッターであれこれやってみたものの外れず、
たまたま部屋に転がってた瞬間接着剤の剥離剤に漬け込んでみたところ…
10分後にはコーティングが水を吸ったようにぶよぶよに柔らかくなってたんですよね?
強力なシンナーでもなんともないのが、いともあっさり。。
以来コーティング剥がしにはこの方法でやってます。



今回用意したのはこれ!

ダイソー 瞬間接着剤用 はがし液 低粘度
(ちなみにセリアのでもだいじゃぶ)

IMG_1808.JPG


主成分がアルコールで臭いも少ないので小皿に漬け込んでもいいのですが、
あたしはもっぱらチャック袋を愛用。
IMG_1809.JPG
密封できるし漬けたまま揉んだりできるしね。

剥がしたいジグにたっぷり塗って、
IMG_1810.JPG

チャック袋にイン。
IMG_1811.JPG



5分後。
IMG_1812.JPG
早くもコーテイングと上塗りの青が浮き始めゼリー状になってきた。



10分後。
IMG_1813.JPG
袋の上からモミモミするとほぼ青は剥がれ、ホログラムのキラキラも溶け始めた。

あ、そうそう。
ある程度ゼリー化が進んだら新鮮な剥がし液を追加で入れた方がスムーズに剥がれるみたいです。

目玉がビクともしないのでさらに放置。。。


30分後。
IMG_1816.JPG
下塗りらしい銀色が剥がれてきて鉛の地肌がほぼ露出。
目玉はやはり剥げそうにもないのでここで終了。

袋から取り出してテイッシュで剥がし液を綺麗に拭き取ると…

ほらね。超簡単にジグベイトが丸裸です。
IMG_1818.JPG

取れない目玉はアイをライターで炙って熱で接着を緩めたらポロリと簡単。
IMG_1820.JPG

気になるバリを掃除して… って後ろのアイが削られまくっとるしって
IMG_1827.JPG
この辺は百均なんでご愛想…。

背中と腹側の切り離し線も気になったのでヤスリで落としてっと…。
IMG_1829.JPG

素っ裸のブランクジグの完成!
IMG_1831.JPG
後はお好みに彩色するのみっ!


・・・・・・・・・・

この方法を発見した時はなんて楽ちんなんだ!と興奮したのですが、
周知の事だと恥ずかしいので検索してみたのね。

まぁ意外とヒットして来なかったのでブログに書いたのだけど、
2つほど見つける事ができたのでご紹介します。


ここでは水抜き剤を使ってます。
水抜き剤の〜IPA(イソプロピルアルコール)が作用して剥げるらしく…
詳しくはリンク参照してください。
同成分が瞬間接着剤のはがし液にも含まれています。
下地にもよるでしょうがはがし液ではプラグとジグで概ね10分から20分で取れました。
シンナーより樹脂に優しいのもいいですよね。

もう一つは

こちらでは様々なジグの塗装を水抜き液ではがしてらっしゃいます。
僕もアクセルの一液ウレタンコート使ってますが、綺麗に剥げたんだけどなー。。。
まぁ、コーティングにも色々あるし効果の程は色々って事で…

まぁ、ヤスリでゴリゴリより簡単!素早い!そして綺麗!
うまくいかなかったとしてもそこは人柱としての対価。
自己責任にてお楽しみ下さい^^

 ・・・・・・・・・・

本日もご来店ありがとうございます。

出張の帰り道。
高速代節約の為、伊予灘を回って帰りました。

まぁ、節約っていうよりは竿振りたかっただけなんだけどね。
足場高かったので83TZに7gキャロ。

フロートも試してみたんだけど反応なかったので Peeキャロに変えて
なるべく上の方トレースしたら一発。
IMG_1834.jpg
なんだろ?

このシュチュエーションにはこれ!みたいなのももちろんあるけど
使い慣れたリグでなんとかするってのもありですよねー。。


おかえりの際は下のバナーをポチッとよろしくです。



posted by PEARL at 21:27| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 百均ノ逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

オートキングフレーム 38-350T 再び


あたくし、ランディングネットは第一精工のオートキングフレームを愛用しております。


枠を畳んだところからシャキィーン!とトランスフォームする様は変形ロボットアニメの祖、ゲッターロボにも必殺仕事人・飾り職人の秀さんにも相通ずるものがありギミック好きには堪らん一品。


まぁ、値段が高いのが玉にキズで、あたくしはオークションでジャンクなものを探しては直して使っておりました。

現在使ってるのは60-535x ver.2と半年前に亡くしちゃった38-350T。

 38-350Tはコンパクトだし軽いので腰につけてテトラ場でよし!
 バッカンのロッドホルダーに常駐させてよし!で気に入ってたんですよねぇ。

しょうがないのでタモいりそうな時は60-535xを持ち歩いていたんだけどやっぱり大きすぎるのよねぇ。

あまりに名残惜しく、銭もないのでヤフオクで探してたのですが…




辛抱堪らず。




密林 でポチッ。



ポチッとな






グフフ。初めての新品^^
IMG_1581.JPG

送料込みで11千いくらか…。


まぁ、そこそこの長さでしゃっきりしてて、首が折れてくれさえすりゃオートキングである必要もあるまいと他のものを探してみたのですが、ランデングシャフトってめっちゃ高くて高品質か、安くてぐにゃぐにゃかのどっちかでソコソコの値段のまずまずの性能って奴って意外とないのよ。

ギルくんの使ってるダイワのシャフトはソコソコの値段で軽くてシャキッとしててよかった。
8000円ぐらいだっけ? まぁ守備範囲内。

これにフレームとネットで3000円しょ。首折れジョイントが4000円ぐらい?

普通のランディングでもソコソコするなら、オートキング買っちゃえみたいな。。

大きい枠のは検討の余地がないぐらい高価なんだけど短いオートキングは意外と安かったりするのよ。



内容物はこんな感じ。
IMG_1582.jpg


フレームのネジを外してネットの V の位置から通していきます。

IMG_1583.JPG

とりあえずネジを締めて付属のインシュロックでV路のところをフレームに固定。
IMG_1584.JPG
IMG_1585.JPG
これやっとかないと開閉時にネットが突っ張っちゃう事があるので必ず止めてください。


フレーム開閉の具合は、このフレーム元のビスの締め付けトルクと塩がみの具合で結構変わるので、気を使うところなんだけど、新品だし適当に締めたので大丈夫でした。


仮組で締め付けトルクを確認したらネジロックを塗布してキュっ。
IMG_1586.JPG
IMG_1587.JPG



ほとんどはロッドホルダー待機なんだけど、テトラとか足場悪い時用にマグネットつけてます。

あまり必要を感じないホルダーを外してマグネットホルダーを取り付け。
IMG_1594.JPG



前はマグネットとスパイラルコードだけのシンプルな方を付けてたんだけど、今回は尻手ベルト付きの高級な方をチョイス。

IMG_1588.jpg



IMG_1592.JPG

位置を決めてく。

私の好みは畳むと立つ!開くとやや前を下にして下がる感じ。

IMG_1595.jpg


IMG_1596.jpg


ほら、一回一回畳むのも面倒じゃない?


この感じだと歩き回らなければさほど釣りの邪魔にもならないし、左手スナップだけですぐタモが出せるのよ。



さぁ、鱗付けはいつになるかなぁ…。


・・・・・・・・・・
本日もありがとうございました。


本当はさぁ、48-550xが少し長くなっても構わないから、軽くなってくれると一番いいんだけどなぁ。。
どうよ?>第一精工さん



お帰りの際はは下のバナーをポチッとお願いいたします。



posted by PEARL at 07:07| 愛媛 | Comment(4) | TrackBack(0) | 物欲補完計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。