2016年05月03日

P`s Factory的 BlueCurrent 比較レビュー

新しいブルカレを手にする度に書いてる気もするんだけど、手持ちのブルカレの紹介とレビューです。
これを踏まえてBlueCurrent 85TZ/NANO All Range の立ち位置を考えてみます。

下記にブルーカレントのHPを貼りましたので
別ウインドで比較しながら読んでいただければ幸いです。

あ、その前にポチッと…





BlueCurrent  65/TZ

普通に JH担当。たまに4gキャロ。BeeBive。610Tiからの買い替え。
ポリエステルライン03/04。ルビアス1003。 
でも本当はレアニウムがベストマッチ。
JH超下手くそな私には正直アンダー1gなんてよくわからなかったんだけど、
65TZでなんとなく使えるようになった感じ。
多分普通のアジンガーならビンビン分かるとこなんだろうけどなぁ。。
でもまぁ、結局アンダー1gとか使わないし、プラグも使える610が恋しいこの頃。。
 ポリエステルラインで4gキャロとかも65より610なんだよな。多分。


BlueCurrent  76/TZ

基本の1本。76/Tiからの買い替え。
ルビアス2004。 Pe02/PE04/プラグの時はフロロ。
4gー12gキャロあるいは3gから7gのジグ。Beeバイブ。レンジバイブ。
 マリコカスタム、マリコロングなどのプラグ類となんでも担当。
TZになってしゃっきり感増量。感度もあがったし、少しパワーも上がった。
プラッキング、チニングにはベストだと思う。
でもティップの張りが強くなってプラグやジグは良くなったんだけど、
Tiのようにティップでキャロの重さを計りながらのリトリーブはちょっとしにくくなったかな。
マリコロング。ユーリにベストマッチ。マリコカスタムだとちょっと強い印象。
思うに76Tiの代替えとするなら72TZがベストなんだと思う。
プラグもそっちの方が扱って面白いはず。
ジグ単以外のアジメバで1本ってことならこの76になるんだけど、76の守備範囲を72nanoと83に振り分けて72TZに変えようかと最近思ってる。


BlueCurrent  83/TZ LC

BlueCurrent の中で一番大好きな1本。83Tiからの買い替え。
TZになって一番よくなった1本。しなやかなのに感度抜群。
キャスト時の振り抜け感もすごく気持ちいい。
ルビアス2004。Pe02/PE04/プラグの時はフロロ。
7gー14gキャロあるいは3g以上のJH。マリコカスタム、マリコロングなどプラグ担当。
前はメタルジグ3-13gやスプーン11gなんかも投げてたんだけど72TZ/NANO購入してからはハードルアーは投げなくなりました。
76が上に書いたようになったので、キャロも83で投げる事が多くなった。
リグの重さをティップにもたれさすような操作がしやすい。
TZになって感度があがり、小さめのアジでも十分楽しくなった。
でも一番楽しいのは尺以上のアジでロッドをブン曲げて釣るのがすごい楽しい。


BlueCurrent  72TZ/NANO Jig SP

ジグ投げると本当に楽しい1本。
ジグ/レンジバイブ/APOON等ハードルアー。堤防に浮いてくるイカを3号エギでちょっかい出す用に常にラインを通して待機。
11-14gのPeeキャロにもマッチ。
85nanoが仲間入りしたし寝魚用のサブとしても使えるかと。
今年はイカメタルのスピニングタックルとしても使うつもり。
ルビアス2004。Pe02/PE04。


BlueCurrent  91/TZ LC

南予でのデカアジには最高の1本。Tiからの買い替え。
これもTZにになって感度3割増し!
どのBlueCurrent TZにも言える事だけどトルザイトリングガイド用に新設計されたティップセクションの出来がすんごく良くてTiよりも感度がはっきり分かるぐらい上がってます。特にLCシリーズは顕著。
11-20gのキャロ、スプリット。とにかく思いリグをクソ遠投してデカイの狙うならコレ!
ファイト時のロッドの曲がりで素直で綺麗でドラグきつめでロッドのパワーとしなやかさで魚をいなす事が楽しいロッド。
ルビアス2506/2500s。PE05。


とまぁ、こんな感じで立派にBlueCurrent ヲタクなワケですが、
ここにブルカレ 85TZ/nanoが仲間入りしたワケですね。

まぁデカアジ対応ができて、エギが振れるとなれば荷物も減らせるし
グルーパも今後チャレンジしたい釣りの一つだし。。。
って事でBlueCurrent ヲタクとしては外せない一本なワケですよ。
まぁ、現在のとこ85ではアベレージなアジしか獲ってないワケでもう少しいろいろ釣ってみないとわからないのだけど、金欠とはいえ91TZを処分しちゃったのは早まったかなーと、、、早くも後悔。

新規で購入する人は85nanoでOKです。
でも91ユーザーの人は買い替えじゃなくで買い足しで85nanoをゲットする事をお勧めします。

85nanoが広範囲に便利に使えるので91の登板回数は減るかもしれません。
それでも91には91でしか得られない楽しさがあるように感じます。

・・・・・・・・・・

本日もご来店ありがとうございます。

85nano。
大人気のようで次のロットは6月とも10月とも耳にします。
そんな中で、重めならジグ単はできるか?とか軽いキャロはどうか?とか聞かれます。
まぁ、もちろんオールレンジってぐらいだし出来なくはないと思います。
でもあんまり気持ち良くはないと思います。

ライトソルトからの All Range とはいえ 楽しいのは尺絡みから小型青物な感じ。
ライトソルトとしては重めのリグを中遠距離にキャストする釣りにマッチするロッドかと。。

じゃぁ L なエギ竿でいいじゃんか?的になってくるのですがそこはヤマガのスタッフブログにあるとおり。。


まぁ、これは85nanoと91TZにも同じような事がいえるかもしれない。
メタルジグを使うなら絶対的に85nanoだと思います。

パワーのあるブランクと張りはあってもちゃんと入るティップ。
そこをうまく繋いでくれるのがNANOブランクといったところなんでしょうか?
うーん。うまく表現できん。



おかえりの際は下のバナーをポチってしてくれると嬉しいです。


posted by PEARL at 11:32| 愛媛 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | タックルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

ブルカレ 85TZ/nano ! 鱗付け完了!


先週の事、愛南発のジギング船 義丸 に乗るべく深夜発。
出航が5時と早いのでそんな早くに起きられる訳もなく前夜入り。

折角愛南行くんだからと、ブルーカレント85TZ/nanoの鱗付けを目論む。

愛南エリアのアジポイントはキャロやジグでの遠投ポイントが多く、ご存知の通りイカパラダイスだし、グルーパーもいけるまさに85nanoにはぴったりの地域。


まずは定番アジングポイント。
ここでは様々な状況で様々なブルカレを振り倒してるからロッドの違いも感じやすい。

風が結構強いのでPeeCaro14gでリグを組む。

リールをセットしようと思って気がついた。

85nanoなら20gのジグを振りたい。重めの JHやテキサスでグルーパーにも挑戦したいし3.5のエギを振るのに05では心細いとツインパのラインを 06に巻き替えたんだった…

デカイのがいるとも思えないアジングに06は太すぎ。。。

04を巻いてるルビアスに交換。
85nanoにルビアス2004はちょっと軽すぎ。
先重り感がちょっと出ちゃうのよね。
こういう時には83TZなんだけど、今日は85nanoの日。
まぁいいや。ルビアスで行こう。

岸壁に立ってファーストキャスト。
85nanoのキャストフィールは91TZとはまるで違う。
リグの重さをバットからベリーに貯めて射出する91TZに対し、85nanoではもっとムチ的。手元から竿がしなりながら伸びてく感じ。
クルクルクル!パチン!的な奴。

そう91が弓なら 85はムチ。

パワーロッドとして分類される72nanoと85nano。
強度をもたせたバットながら高負荷がかかると素直に曲がり戻りのスピードが速いんだそうな。
その戻りの速さを活かして魚を浮かせる。
72でデカアジを掛けた際に思った事なんだけど、もうちょっと寄せるのに苦労しても良さそうなのに、スルスルって魚が浮いてくるのです。
なんか不思議な感覚。。
まぁ、こんな感じなのでナノブランクに関しては未だうまく説明できないでいる。

ただ一つ分かっているのはパワーはあるけど決して硬いロッドではない。むしろキャストフィールは83TZのそれに近く、張りはあってもしなやかで柔らかめのロッドの印象が強い。
1クラス短いロッドのキャストフィール。

少し重めのリグを投げるとわかるんだけどベリーがぐにゃって曲がるんです。それはこれまでのブルカレとは違う感覚。
91TZが一番顕著なんだけど溜めて投げる印象が強いからね。

72nanoだと短いのであまり意識しないでもキャストスピードは速いんだけど85の場合はちょっと意識したほうが気持ちいい。
キャスト時曲げたナノブランクを素早く押し出す感じ?

この日結構な風だった為キャストが慎重になり、ぼやっと投げるとこの腰砕け感を感じる事があります。
85nanoを気持ちよくキャストするにはコンパクトに素早く!
そうする事で1クラス短いロッドのキャストフィールを得られるし、ライナー気味のキャストでもしっかりと距離が出る。
リリースポイントが広いと感じる。

あ、そうかぁ。85TZ/nanoのグリップ側が短いのはコンパクトに速いスイングスピードでキャストしてほしいからなんだぁ。。。


ということで鱗付け完了。
IMG_1673.jpg
写真ぼけててゴメンなさい。
ボトムにいなかったので着水後スラッグ取ってテンションフォール気味に10カウントの中層でのバイト。

同じ感じでもう1尾。
IMG_1674.jpg

感度的には十分問題なし。
22-3cmの普通アジだったんだけどそれなりに曲がってくれるしガチガチロッドの感覚はなし。楽しめる。
でもやはり85nanoで楽しむべきは魚種に関わらず尺上だろうなぁ。


85nanoでアジ釣って思ったんだけどやっぱりアジを釣るなら 91TZの方が楽しい。ただ、ジグを投げたりするのは間違いなく 85nanoの方が向いてると思う。91ではショアラバやインチクを投げる気は起こらないけど85なら次何投げようかとワクワクできる。
その辺りがAll Range。

決して中庸を狙ったロッドではない。
ライトゲームという括りのなかで最大級の獲物をあらゆるリグを駆使して狙っていくロッドなのだと感じる。



・・・・・・・・・・

本日もご来店ありがとうございます。
BlueCurrent 85TZ/nano。
まだまだ使い切れてるとは言いがたく、現状感じてる事を全くまとまりなく書き散らかしてみました。

書き散らかしていくうちにやっぱり91はスペシャルな1本だったなと85の為に91を処分しちゃった事を少し後悔。
置き換えるならやはりエギ竿だったのかも。。。。
追い金たくさん用意しなきゃだけどね。

91TZはどんなに長くても、どんだけパワーを持ったとしてもライトソルトの中でもアジメバからそれないロッド。巻物系なら何でもできる汎用性は十分以上に持ってるんだけど大き目のアジを掛けた時の竿全体を使って魚を出し入れする感じは91TZならではだと思う。


パワー的には同程度と云われる85TZnanoと91TZ。
でも味付けは全く別なんだものなぁ。


お帰りの際は下のバナーをポチッとしていただけると喜びます。

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
タグ:85TZ
posted by PEARL at 00:14| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タックルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

マリコロングで妄想する。




出先のホテルにお楽しみの荷が届いた!


IMG_1508.JPG
愛用のマリコカスタムの作者、ソルトマスター氏の新作、

マリコロングがとうとう出荷開始となりました。






安定のマリコカスタム。
でももう少し大きいフックを背負えるモデルが欲しい。
もう少し大きなシルエットのマリコが欲しいってリクエストに答えたモデル。


 とりあえず取り出してみる。
IMG_1509.JPG
ファーストロットはこの5色。


ほぼ中央より前後ほぼ同じ角度でなだらか絞り込まれている。

全長の中央より僅かに前、背の一番高い位置にフロントフックが設けられている。
アクションを入れる時、ボディ中心を支点に首を振ってからアクションをはじめるのではなかろうか?
またフロントフックへバイトの時、このほぼ中央の支点がリアフックのエラへのサポートをより積極的なものにするはずだ。

そして絶妙の距離感で絡まないセッティング。
IMG_1511.JPG
マリコカスタムより1サイズ大きい#12フック,。
 この距離を基準に全長が決定された気がしてしょうがない。


真上からの図。
IMG_1517.jpg
中央よりアイに向けてシュツと細く仕上げられいる。ボルゾイのノーズみたい。
後方は細いながらもボリュームを残す。

そして下向きのアイ。
これはユーリと共通する仕様。

ユーリでの浮上アクションを取り入れたマリコ。

IMG_1539.JPG

そしてボディの上側ギリギリを通るワイヤー。

通常ならワイヤーはボディ中央を水平に通しそうなもの。。
その方が製作も楽そうだし、大きくなったフックと相まって安定感は増すはず。
ただ、安定は氏の目指すところではない。

潮流のなかラインテンションでルアーをステイさせた上での揺らぎの演出。
それがソルトマスター氏の目論見。

ましてマリコロングは#10フックをも視野に入れたプラグ。
通常のように腹側にワイヤーを通すと安定が出すぎたのではないかと…。
いや、それは状況によりけりな要素。

フックサイズでルアーの動きを使い分ける。

そのためにワイヤーを背側に通したのではないかと…。


まぁ、そんな風に妄想するわけですよ^^
間違い補足ありましたらご指摘ください>ソルトマスターさん


つーわけでね、カラー見ていきますよ。

まずはレッドラメ・フレーク系ね。
IMG_1519.JPG

これはもうマリコカスタムでのアジの鉄板カラー。
特にドットの大きなレッドフレークは予備が欲しい程に鋼鉄です。
レッドラメの方も明かりが効いてる場所や潮が澄んでる時にいい気がします。


クリアラメ系カラーバック。
IMG_1518.JPG
これ全体塗られてるのかと思ったら彩色は背側だけで腹はクリアラメなのね。
ユラユラするとカラーの幅もゆらゆらと変化して見えるんだろうなぁ。

クリアなレッドヘッドにクリアチャートバックはアジにおいても秀逸。

グリーンバックはやはりメバル向きでしょうか、ユーリでの人気カラーですよね。


そしてパールホワイト。
IMG_1520.JPG
照明の関係か写真ではソリッドなホワイトに見えますがうっすらパール入り。
こちらはアジもメバルでもイケるのはマリコカスタムでも実証済み。
ブラック同様シルエットがはっきり出るのだと思います。
1個は持っておきたいカラー


ちうことでね、
アジプラが多い私なんかにも非常にわかりやすく使いやすいラインナップなのです。

ああ、はやく振ってみたいなー。
IMG_1515.JPG


本日もご来店ありがとうございました。
おかえりの際は下のバナーをポチッとお願いしますねー。

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
posted by PEARL at 01:38| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タックルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

コータックコンデックス12g / C&Fフライケース

わたくし、ちょこちょこスプーンアジングってものを試してまして、

入り口であり、メインなのは沖縄在住のビルダーさんAPO氏のAPOON Slim。

APOON.JPG
細身で肉厚、リア重心。11g。

こいつをジャカジャカじゃなくてあくまでもヒラヒラとさせてアジを刺激すると、釣れるんだなこれが…。
ヒラヒラさせてペロリンって落とすのもアリ。

まぁいうても、人気のルアーなので入手がちと厄介だったりもするわけですよ。

そこで代替えに見つけたのがコータックのコンデックス8g。
こータック.JPG


APOONより幅はあるけどリア重でよりヒラヒラな感じ?
8gだから一般的なキャロタックルで振れるし、
ちゃんと釣れるのよ。これが。

こうなってくるとより遠くへ、より深くに持って行きたいって事で
ウエイトのあるスプーンを探し始める。

ほんで中古で見つけてきた。
IMG_1154.JPG

コータック コンデックス12g と  C&Fフライケース


重量はAPOONとかわらないけどちょっと幅広。
IMG_1155.JPG
流れのあるとこだと持っていかれちゃうかな?
まぁ、そこはドリフト狙いって事で。


それより知りたかったのは鏡面メッキの上にどうやって塗料載せてるかなのです。

貴重なAPOONをきれいに使おうと、ウレタンコートしたことがあるんだけど、
外側はいいんだけど内側はコーティングが縮んで浮いてきちゃう。

届いた品を見てみると、簡単な事。


内側は何もしない。外側だけ色載せる。

まぁ、よくよく考えてみれば確かにどのスプーンもそうだわねー。

拡大してみると何やら下地は吹いてるみたいだけど、色の上はコーティング無し。
IMG_1157.JPG

こっちのラメカラーはウレタンコートっぽいけど、上からラメを茶こしかなんかで撒いてる感じ。
一応上から吹いてるみたいだけど、ごく薄くだね。ざらざら残ってる。
IMG_1158.jpg

これを参考に今度グロースプーン作ってみよ。うん。


・・・・・・・・・

ほんでこちらは同時購入のC&Fフライケース。
IMG_1165.JPG
C&Fってかっこいいけど高いのよね。

こちらには手作りケースがちと残念だったジグフライを移植。
IMG_1159.JPG
IMG_1166.JPG

むぅ。
収まるとこに収めるとかっこいいな。やっぱり。


あ、せっかく賞品にでかいの対応のフライ頂いたのに釣果出せてなくてごめんなさいよぉ。

シーズン中になんとかします!… しま… できたらいいな(滝汗


・・・・・・・・・
本日もご来店ありがとうございました。

みなさんフィッシングショー行きます?
あー、俺も行きたいなー。

おかえりの際は下のバナーをポチッとね!

posted by PEARL at 23:12| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タックルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

オーシャンルーラー新製品紹介

Special Staffをさせてもらってるオーシャンルラーから
2016カタログが着弾しました。

その中から新製品を中心にご紹介。(釣研に承認を得て転載しています)

写真が小さい!って方は画像をクリックすると2段階に拡大します。

IMG_1130.JPG

まずはポチッとな…



目次ページより

目次.jpg

気軽に使えてよく釣れるガンガンジグminiがリニューアルしてますねー。
メタルアジングはもうアジングには欠かせませんよねー。

んで、クレイジグレンジキープVR。
大好評のレンジキープになにやら新しいバリエーションができた!

ほんで メタリスト。
これ待っとったのよね!剣先ナマリスッテが新発売!

ガンガンジグSL
ガンガンジグにオフショアジギングモデルが追加!
ジギング始めた私にはこれも嬉しいですねー。


ではページをめくっていきましょう!


・・・・・・・・・

ガンガンジグ II
gun2II.jpg
ド定番のガンガンジグIIに新色が追加!
注目はUVシルバーとUVゴールド!
なにやら釣れそうな空気がしてますねー


・・・・・・・・・
SJ.jpg
ショアスローのガンガンジグSLにも新色追加!
UVもいいけどイワシグリーンのコントラストも効きそうな気がします。


・・・・・・・・・
ガンガンジグmini II
mini.jpg
んで我らがガンガンジグminiがリニューアル!

基本的なシルエットに変更はないのですが、アイに使ってる鋼線を細くしてアクションレスポンスを向上!

下地のホロを縦ホロからヘアラインホロに変更してスモールベイトの小さな鱗を再現。

目玉にOceanRulerのロゴが入ってよりらしく!
とまぁ、結構変更されてます。

ピンクが新色で増えただけと思ったら結構入れ替わってますねー。
どうせならUVゴールドもラインナップして欲しかったなぁ〜。


・・・・・・・・・
クレイジグレンジキープ
レンジキープ.jpg

昨年秋に重たい側を一新。2,2gはヘッド形状がナロウな感じに変更され重心がより前に移動したことでワーム選択による演出の幅を広げたラインナップ。
3.5g5gはフックサイズを#2とし水深10m程度の寝魚狙いを視野に入れた設計なのだそうです。
3.5g5gのおかげで宇和海にありがちなちょっと先の駆け上がりの底を狙えるようになったんだけどフックは#4の方が使いやすいんだけどなーってのは今度要望を送る事にしましょう。

・・・・・・・・・
クレイジグレンジキープVR
VR.jpg

一見普通のレンジキープ。旧2.2gのような丸っこいヘッド。
ヘッド下にアシスト用のアイ。ワームキーパー装備。
ウエイトバリエーションが7/10/14/18/21gとかなり重め。
さらにフックサイズが#4/0と#5/0と巨大!

って事でこれはクレイジグ波動HDスイムのレンジキープバージョンって位置ですね〜。

波動 HDスイムはこちら
波動スイム.jpg

波動スイムはオーシャンルーラーお家芸のウオブリングで誘うタイプですが、
レンジキープVRは積極的にダートアクションさせたり、レンジをキープしてのリトリーブからのストンと落とす動きをさせたりとシーバス太刀魚から寝魚まで、ウエイトバリエーションも細かいから状況に合わせて使用範囲の広いジグヘッドだと思います。

レンジキープVRにフラッシュJ4インチで太刀魚! うーん。釣れそう。

・・・・・・・・・
メタリスト
メタリスト.jpg

イカメタル・メタルスッテのメダリスト。
私もね、一昨年からハマってるのですが、メタルスッテ。面白いです。
万全を記して出してきたメタリスト。
今年のオーシャンルーラーの目玉ともいえる新製品なんじゃないかと思います。
私も今シーズンはこれでいこうかと思います。

こだわりの国産ハンドメイド傘針。
鱗のような光彩の布、カルビラ・ダイヤリップを全面採用
水切りのいいスリムなエギ型にローリングスイベル。
45gから100gまでのワイドバリエーション。

うーん。夏が楽しみです!!


・・・・・・・・・
ガンガンジグ SL
SL.jpg
こちらもお待ちかねのアイテムですねー。
ガンガンジグのオフショアタイプ。
80-150gって事でバリエーションとしては瀬戸内海なんだけど、あるだけでOK.
現物ないのでなんともなのですがセミロングタイプになるのかな?
センターバランスで平打ちにもスライドにも対応って事で初心者にも扱いやすいジグに仕上がってるそうです。


・・・・・・・・・

以上駆け足でご紹介してきましたが、
2016 オーシャンルーラーの新製品群、いかがでしょうか?

より詳しい情報をお求めの方は最寄りの釣具屋かフィッシングショーでご確認くださいね!


そして最後のページ

フィールドテスター紹介。なにやら知ってる名前が…

テスター.jpg

私も2015 OceanRuler Special Staff をやらせてもらってます。
私の名前はここにはありませんが、こうしてカタログ上に紹介するって事はメーカーのスタッフに対する感謝の気持ちであり、メーカーの顔としての行動が求められるって事です。
それは末端である私も同じ事。。

人それぞれに釣りのスタイルがあり、楽しみのツボも色々だと思います。
こうやったら釣れますよ!なんて事は私のスキルでは難しいですが、
こんな遊び方も楽しいですよ〜ってのをご紹介できたらいいなぁと思います。


本日もご来店ありがとうございます。

おかえりの際は下のバナーをポチッとやっていただけるとうれしいなぁ。


   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

posted by PEARL at 14:05| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タックルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする