2017年01月15日

尺アジパラダイス

正月明け。最近アジングを始めたという古い友人が
「いいとこ連れてけー。デカイの釣らせてくれー」と言うので出動。
2シーズン目なのだけど未だ尺の顔を見てないらしいのです。
 ポイントのアテはあるのだけど生憎の雨予報。
「雨はいやじゃ!」と中止にしたのだけど何とか保ちそうだしやっぱり出撃。


ぽちっと宜しくお願いします

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ


尺までなら…
 と市内のポイントに入ったんだけどこの前まで釣れたアジが一切漁港。
 潮も動いてないみたいだし、移動中に潮が動きだすのを期待して早々に南に下る。

先行者にご挨拶して空いてる場所に入らせてもらう。
潮も干潮からようやく動きだすタイミング。

ベイトを追って港に入ってきたアジをジグ単で狙うか?
ブレイクの沖側をキャロで狙うか?そのどちらもが楽しめるポイント。


せっかく来たから少しでも大きいのを…ってことで2人とも11gキャロからスタート。
遠投してボトムを探っていきます。しかし反応薄っ。


そうこうしてるうちにあちこちにベイトのざわめきが…
ときおりアジのライズも見える。
これはこれは!とジグ単投入。

でも俺のジグ単に反応してくれるアジってあんまりおらんのよね〜とか
とか思いながらキャストしてると友人の方にファーストヒット。
普段とは違う引きに少し慌てつつ足元まで寄せてきた。
結構でかい。尺は確定。
タモ使うかどうしようか少し迷い、根性決めて抜き上げ!

ぷち!

痛恨のラインブレイク。
ありゃリャ残念!

聞けば02エステル。尺狙いに来て02は細くないかい?友よ。


今度は沖の浅いレンジをキャロで。
 着水と同時にリトリーブ。
1発目からゴツン。29cmの泣き尺。

それを見て奮起した友人も2匹目には念願の尺達成!
A-1.jpg

こういう時ってフロートリグもアリなんだけど
 アジのレンジが表層下からころころ変わるし結局キャロで通しちまった。

アベレージが尺って事になると、案内係としてはもう少し大きいアジを釣らせてあげたい。
デカアジ求めて着水したリグをテンションフォールでゆっくり落とし中層を調査。
レンジを外さないようリトリーブしてると「すこっ」っとごく小さなバイト!

ロッドをピッって立ててフッキング。
アベレージサイズに合わせたドラグがずりずりと滑ります。
数度の突進をロッドでいなし、重量感を感じつつ足元から抜き上げるとナイスなプロポーションの34cmでした。
15873047_617277951793201_2790008623268796368_n.jpg

やっぱ半島よりも宇和海のアジは引きが強い!

その後も途中ライントラブルを直してあげたり、ゴミ釣った!と思ったらエイだったり、
15871507_617277978459865_4690776678175517393_n.jpg
 の小休止を挟みつつ 28-29の泣き尺とぎり尺アップのアジがポロポロと金太郎飴のよう釣れてきます。

15965271_617277971793199_6390508443664823217_n.jpg

この後もポロポロと釣れ続き、終わってみると結構な大漁に。
尺未体験だった友人も尺つ抜けを達成し大喜び。

雨でズプ濡れになりながらラスト1投を繰り返す彼に私も大満足の釣行でした。


そうそう。
捌く時に気がついたんだけど1匹変なのが混じってる。
FBで聞いて分かったんだけど、下のが噂に聞く メアジ 。
15871736_617761011744895_2828688457065291027_n.jpg
ちょっと大きめな目。
控えめなゼイゴ。
体高がありまるっとしてる。
小さめな胸ビレ。

高知ではちょこちょこ上がるそうなんだけど釣ったのは初めて。
以前は釣れたことがなかった南方系な魚が最近ちょいちょい釣れてくる 。
宇和海の生態系もちょこちょこ変わってきてるんかなぁ〜。


本日もご来店ありがとうございます。
お帰りの際は下のバナーをぽちっとして頂くと店主喜びます。
ラベル:ブルカレ 尺アジ
posted by PEARL at 13:20| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣りに行きました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック