2016年12月24日

ヤマガブランクス2017カタログ

年末のお楽しみ、ヤマガブランクスの2017カタログが届きました。

1.JPG
来年の散財の予算組みを考える上で最も影響ある1冊です。




パラパラとページをめくっていって… っと

ふむふむ。来年の目玉はブルースナイパーのフルチェンジなんやねー。
IMG_3506.jpg


でも注目はやはりBluecurrent 82F でしょうか。

IMG_3500.jpg

SICステンガイドモデルにようやく長くて強いモデルが用意されました。
しかもNANOブランク採用。
F の名の通りフロートリグをぶち投げる為のロッド。リグMAX18g!

フロートリグもジグ単で届かない飛距離を補う為の軽いものっていうよりは
重いフロートで沖の潮目やシモリを直撃する為って色合いが濃くなって来てますもんね。
メバルはもちろん、瀬戸内宇和海での遠投アジングにもマッチするロッドだと思います。
キスゲームなんかにも対応するし、ライトなキャスラバなんかにもいいと思います。
 持ってると通年便利に使えるんじゃないかなぁ。


ベントカーブの比較表はこんな感じ。

IMG_3507.JPG

こちらはブルカレ全体の特性比較表。
IMG_3502.JPG
83と76の位置が??って感じがするんだけど… まぁいいか。



オフショアモデルの方は大きな変更はないんだけど個人的に嬉しいモデルが
追加されましたねー。


まずはbattlewhip イカメタルに ソリッドティップモデル 69LSが仲間入り。
IMG_3505.jpg
水深浅かったり、イカが小さかったりするとちょっと強すぎかなーってのは
少し感じたんですよね。もう少しライトなイカメタルロッドが欲しかった。
そこをソリッドティップで対応してきた。
ヤマガブランクスがソリッドですよ!?これはちょっとした事件です。

決してポン付けのソリッドではなくきちんと調整してるようでティップだけ不自然に
曲がるなんてことはないようです。
バット部分の特性は同じでパラソル3本がけでも大丈夫との事。
旧モデルを使ってる私としては欲しいけどかぶるのでちょっと微妙…。
つーても買っちゃいそうな気が…
既存ユーザー限定でいいからティップセクションアップグレードサービスとかやってくんないかなー。



そして待ち焦がれた奴!

ギャラハド 633B電!

IMG_3499.jpg

SeaWalkサーベリング63Mでジギング、電動ジギングの入り口に立ち、
Galahad624B電で深みに嵌りました。
サーベリング63Mを長く使ってきたせいかベーシックシリーズ62/4より
 少し強化されて作られた624B電が少し強く感じられる時も…
もう少し楽に振れる電動ギャラハドがあればなぁ〜。

そこへ633B電 なのであります。

特性比較表を見ると633B電 はかなり柔らかい。
 ギャラハドの中でも一番しなやかなセッティング。
でもパワーは622Sよりも持たせているようです。

これだとジグ飛ばせないんじゃないの?と思われるかもしれないけどさにあらず。

ヤマガブランクスの624B電動画ではロッドをブンブン大きく振り倒してアクションしてるんだけど、
電動ジギングってそればかりではないのです。
実際電動ジギングに慣れてくると気がつくのですが、巻き上げはハイスピードのまま
 ティップを海面近へ刺して小さく早いピッチでジャークする事が多いのです。
私を含め基本普通のジギングがしんどくて電動で楽しようって人多いですしね。

でもそれでばっちり釣れちゃう。
回収時のバイトとか手動リールより明らかに多いの。

僕も初心者なので確信はないのですがスピニングでの
高速巻きはこんな感じなんじゃないかと。

ジャカジャカ巻いて 時折パーンと飛ばして巻き上げを止める。スライドで泳がせる。
やわらかいから飛ばすというよりヨレるって感じが正解かもしれない。
そういった時にジグの動きに変化をつけられるだけのバットがあれば
 ティップ側はしなやかな方がバイト弾かないんじゃないの?

電動リールのパフォーマンスがあってのアクション。
またそれもありかと。


お! 早くも633B電の実釣動画がアップされてますねー。


そうそう。しなやかな竿だと振るのも楽チン。
片手でもいけちゃうのが電動のいいところですよねー。
動画見た感じでは思ってる程ペナペナでもないみたい。
ネイリかかってるけどちゃんとバット残ってるみたいだし。
でもアワセはやはり効きにくそうですね。
でも大丈夫です電動ですから。
レバーを最速へ倒してテンションかかったところで追い合わせを入れれば
がっつり掛かるでしょ。


カタログには「ワラサやサゴシなど小型青物…」って書かれてるけど
本当はもっと上狙ってるんじゃないかなぁ?
だってPE:Max3号だし、適合リールも800-2000だもん。
小型青物ってなら1.5号もあれば十分だし、リールだって400番で十分だもん。

食い込みいいし、電動タイラバ/電動サーベリングも完全対応!
不意の大物が来てもへっちゃら!的な使い方が伺えます。




ふう。633B電かいてたらちょっと疲れちゃったね。
さらっといきたいんだけどあと少しだけ。


SeaWalk taijigingに2本追加。
やわいのと硬いの。

東北を中心に熱いタイジギング!
細PEでコンパクトなジグを等速で巻き上げ誘う釣り。
タイラバ同様に乗せのテクニックが求められるので非常にしなやかに作られています。
ぼくのは前からある75MLなんだけど硬い方のSWTJ-63Mをお勧め。
5キロ程度の青物にも対応らしく、なんでも対応のスピニングかな。



メンバーズオンリーの BlueCurrent 60 juniorもなんか面白そう。
荒い扱いにも耐えられるよう作られたキッズエディションなんだって!
IMG_3496.JPG

旅行に便利な4ピースもリリース

IMG_3497.JPG
ちょ、ちょっと高いね…



さぁて興味のあるとこを駆け足で書いてみました。


おかえりの際は下のボタンをぽちっとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
posted by PEARL at 11:13| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック