2016年05月13日

ジグの塗装を簡単にはがす

百均には大好きでよく通ってるのですが、

噂のこれをとうとう買ってみた。

ダイソー ジグベイト。 もちろん100円!

IMG_1806.JPG

あちこちで釣果報告も上がってるし使い物になるみたい。
100円だし根掛かり調査のパイロットとしてもばっちり。


でもねー。無いのよ。
ホロシルバーの奴が…


じゃぁ、いっぺん剥がして塗り替えてしまえ!って事で
100円だし躊躇ないです。



さてどうやってコーティングと塗装を剥がすか?

サンドペーパーでゴシゴシなんてやたら根気がいるし、
 リューターなんか使うと削り過ぎちゃったり…

塗装自体はシンナーで落ちますが、表面のウレタンコーティングは
シンナーぐらいではビクともしません。



たまたまなんですけど前にいい方法発見してんですよね。


とある日。瞬間での取付けに失敗したプラグの目玉を外そうとカッターであれこれやってみたものの外れず、
たまたま部屋に転がってた瞬間接着剤の剥離剤に漬け込んでみたところ…
10分後にはコーティングが水を吸ったようにぶよぶよに柔らかくなってたんですよね?
強力なシンナーでもなんともないのが、いともあっさり。。
以来コーティング剥がしにはこの方法でやってます。



今回用意したのはこれ!

ダイソー 瞬間接着剤用 はがし液 低粘度
(ちなみにセリアのでもだいじゃぶ)

IMG_1808.JPG


主成分がアルコールで臭いも少ないので小皿に漬け込んでもいいのですが、
あたしはもっぱらチャック袋を愛用。
IMG_1809.JPG
密封できるし漬けたまま揉んだりできるしね。

剥がしたいジグにたっぷり塗って、
IMG_1810.JPG

チャック袋にイン。
IMG_1811.JPG



5分後。
IMG_1812.JPG
早くもコーテイングと上塗りの青が浮き始めゼリー状になってきた。



10分後。
IMG_1813.JPG
袋の上からモミモミするとほぼ青は剥がれ、ホログラムのキラキラも溶け始めた。

あ、そうそう。
ある程度ゼリー化が進んだら新鮮な剥がし液を追加で入れた方がスムーズに剥がれるみたいです。

目玉がビクともしないのでさらに放置。。。


30分後。
IMG_1816.JPG
下塗りらしい銀色が剥がれてきて鉛の地肌がほぼ露出。
目玉はやはり剥げそうにもないのでここで終了。

袋から取り出してテイッシュで剥がし液を綺麗に拭き取ると…

ほらね。超簡単にジグベイトが丸裸です。
IMG_1818.JPG

取れない目玉はアイをライターで炙って熱で接着を緩めたらポロリと簡単。
IMG_1820.JPG

気になるバリを掃除して… って後ろのアイが削られまくっとるしって
IMG_1827.JPG
この辺は百均なんでご愛想…。

背中と腹側の切り離し線も気になったのでヤスリで落としてっと…。
IMG_1829.JPG

素っ裸のブランクジグの完成!
IMG_1831.JPG
後はお好みに彩色するのみっ!


・・・・・・・・・・

この方法を発見した時はなんて楽ちんなんだ!と興奮したのですが、
周知の事だと恥ずかしいので検索してみたのね。

まぁ意外とヒットして来なかったのでブログに書いたのだけど、
2つほど見つける事ができたのでご紹介します。


ここでは水抜き剤を使ってます。
水抜き剤の〜IPA(イソプロピルアルコール)が作用して剥げるらしく…
詳しくはリンク参照してください。
同成分が瞬間接着剤のはがし液にも含まれています。
下地にもよるでしょうがはがし液ではプラグとジグで概ね10分から20分で取れました。
シンナーより樹脂に優しいのもいいですよね。

もう一つは

こちらでは様々なジグの塗装を水抜き液ではがしてらっしゃいます。
僕もアクセルの一液ウレタンコート使ってますが、綺麗に剥げたんだけどなー。。。
まぁ、コーティングにも色々あるし効果の程は色々って事で…

まぁ、ヤスリでゴリゴリより簡単!素早い!そして綺麗!
うまくいかなかったとしてもそこは人柱としての対価。
自己責任にてお楽しみ下さい^^

 ・・・・・・・・・・

本日もご来店ありがとうございます。

出張の帰り道。
高速代節約の為、伊予灘を回って帰りました。

まぁ、節約っていうよりは竿振りたかっただけなんだけどね。
足場高かったので83TZに7gキャロ。

フロートも試してみたんだけど反応なかったので Peeキャロに変えて
なるべく上の方トレースしたら一発。
IMG_1834.jpg
なんだろ?

このシュチュエーションにはこれ!みたいなのももちろんあるけど
使い慣れたリグでなんとかするってのもありですよねー。。


おかえりの際は下のバナーをポチッとよろしくです。



posted by PEARL at 21:27| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 百均ノ逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック