2015年12月22日

iPhoneが防水じゃないので…

iPhoneのカメラがどんどん良くなるもんだから
もうコンデジを買うことはないなって思ってました。
でもスマホではやはりかゆいところに手が届かない事もあります。


先日のデカアジ釣行。

大雨だったんです。


それでも釣りたい欲求には勝てず竿を出す訳ですが
ブログネタ用に写真を…なんて時にiPhoneは防水じゃない。。。

まぁ、入りにくい様には作られているようですが精神的にはよくない。
だいたい雨が液晶に付いてたり指が濡れてたりすると
タッチパネルが言うことを聞いてくれないんですよね。

それでなくとも夜間撮影。
iPhoneのライトはシャッターが切れる瞬間にしか点いてくれないので
ヘッドランプで構図を決める。そうすると撮影時にはライトを消すために
片手塞がっちゃうし、もたもたしてるうちに構図が狂う。魚は跳ねる…。

ライト付けっぱなしで撮影しようとするとライトと魚の間に位置してる iPhoneの影が写りこみ邪魔。

iPhoneの向こう側へ補助ライトをと探してみたんだけどイマイチ決め手に欠けるし
雨天や海水で濡れた手で扱わねばって問題は解決しない


うーん。やっぱりカメラ欲しいなぁ。





どうせなら防水性、補助ライト、どうせならグローブしたままでの操作性も考慮したい。

僕の知る限り補助ライトを搭載した防水カメラは2つ。

旧ペンタックス、現リコーのWGシリーズ
J0000014715.jpg

これはレンズの周りに6個の LEDが付いてて影も出なさそう。
でも調べてみるとこのライトは本当にマクロ撮影専用みたいでもやっと光るだけ。
ごく近くの物しか照らせないらしいんです。


それで決めたのがオリンパス Tough TG860。
IMG_0921.JPG
次期モデルが控えてて型落ち寸前の底値でGet。


もともとオリンパス党でフォーサーズ使ってたし、Toughも
15年ぐらい前のモデルがまだ確か家にあるはず。
防水コンデジの先駆者とも言える伝統モデル。


オキニメーカーってのもあるけどそれを差し引いても魅力的なものに変貌していました。


まずは防水スペック 水深15m。高さ2.1mからの落下にも耐えるタフネス設計。
唯一の開口部の電池蓋も大きめのダブルロックで安心。
IMG_0930.JPG

F3.5と少し暗いものの広角端21ミリは屋内撮影や水中撮影では使いやすく
GPSでの位置記録や撮影画像のwifi転送など今時カメラのツボもしっかり押さえてる。


電源スイッチ周り。
IMG_0922.JPG
スイッチ頭部は触ればそれと判るようギザギザになってます。
シャッターボタンも大きく出っ張ったズームレバーと並んでいるのでグローブをした
人差し指だけで構図を決めシャッター操作が容易にできるよう考えられています。
このあたりの操作性は工事現場やシュノーケリングで長く愛用されてきたノウハウが
みっちり詰まってる感じです。



今回こだわりたい撮影ライト。
IMG_0927.JPG
フラッシュの隣に配置されたLEDがそれ。


本来は赤目を防止したり暗がりで被写体までの距離を測る為に一瞬光るAFイルミネーターって部品なのだけどTough TG860ではこれを常時発光させて撮影ライトとして利用できるのです。


こんな感じ。
IMG_0928.JPG
結構明るい。


これなら撮影の為にヘッドランプ付けなくていいし、映り込む影に悩まされなくていい^^


とりあえず部屋を真っ暗にして撮影してみる。

こちらフラッシュ使用。
IMG_0936.JPG
こちらライト点灯。
IMG_0935.JPG

むむむ。思ったより照射角度狭い。フラッシュとあまり変わらない。
っていうかフラッシュの光もあまり広がってないし…
まぁ卓上撮影で被写体までの距離20cmぐらいだしこんなものか…
少し引いてズームして撮影したほうがいいのかもしれません。


引いた感じ… 露出が…
IMG_0938.JPG 
まぁ、このあたりは現場で色々やってみないとね。


予想外に便利だと感じたのは下の写真、グリップのあたりにあるフェイスボタン。
IMG_0923.JPG

Toughはコンデジで唯一モニターが開く構造になってて、猫目線などのローアングル撮影も楽な姿勢でできるんだけどこのモニターを180度ひっくり返せば自撮りモード。
IMG_0924.jpg
この時に臨時シャッターボタンとして機能するのです。



ちうことは!



右手ガーグリップで塞がってても、左手でもシャッターが切れる!
IMG_0926.JPG
左右どっちでもいけるって事は基本左利きの私にとってはすごく大きい事なのです。


またモニターが開くので、こんな感じで三脚いらずでセルフ釣り動画も撮れちゃったりするのよねー。
IMG_0929.JPG



ねー。釣り人用としてはもう言うことなしでしょー。
オススメしときますよーーーー。




本日もご来店ありがとうございます。

ぼちぼち年末の気配がしてきてますが、釣り納めの予定はいかが?
私は正月の魚を確保する為30日にジギング出ます!!
久々なので気合入れてフック作ってますよー!
IMG_0934.JPG

おかえりの際は下のバナーをポチッとお願いします。
一層やる気が起きますのでっ!

posted by PEARL at 11:48| 愛媛 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 物欲補完計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほっ!!
欲しい…
物欲そそる書き方するんだもんなー( ̄▽ ̄;)

いつもヘッドライトを点け首を傾げながら撮影してます
影、邪魔ですよねー
Posted by ソルマス at 2015年12月24日 00:30
うひうひうひ。あおるの好きなんです。
でもBlueCurrent もそうだけど自分で本当にいいと思ったのじゃないと勧めませんから安心して物欲満たして下さいね。

首曲げて腕右に伸ばして撮影。
わかりますわかります。
ヘッドランプも広角の奴なんだけどそれでもしんどい。

やっぱね。ライトで照らしてそのまま撮影ってのは楽ですわー。
あと左手撮影ね。
普通のカメラでも逆さまにして親指シャッターとかできなくはないけど指つりそうだし画像逆さまになるでしょ?
でもこいつは液晶全開で逆さま自撮り前提でしょ。
ちゃんとモーションセンサー入ってて逆さまにしてもちゃんと天地はとれてるのよ。

スマホのイヤホンジャックに差し込む式のライトも安く売られてるけど、磯渡ったり立ち込んだりするだしやっぱこれじゃないですかい?
Posted by PEARL at 2015年12月24日 00:59
それ試すためにはお魚釣らないといけませんよw
Posted by ギルマスター at 2015年12月24日 08:57
チッ
Posted by PEARL at 2015年12月24日 10:35
こんにちわ(*^^)

そうなんですよね〜
私もコンデジ迷ってるんですよねぇ〜
今の超セールでかったサイバーショットがそろそろ買え時かなと・・・
暗所に強いサイバーショットは便利なんですけど防水性が無くてカバンに入れても雨の湿気や胸ポケットでも湿気でやられるし・・・
セールやってるから私も買い直そう!!
Posted by うおさん at 2015年12月24日 13:57
あー結露って問題もありましたね。
防水だと水掛けりゃいいだけですけどね。

買うなら在庫処分の今でしょ(^^)
Posted by pearl at 2015年12月24日 17:35
あら・・・・私2回目のコメントだ(^_^;)
これか・・・この記事か・・・
なるほど・・・
やっぱライト機能いいですよねぇ〜・・・・
WGは接写だけなんですよねぇ〜・・・
Posted by うおさん at 2016年11月28日 20:56
んん。まぁ補助ライトは補助ライトなんですけどね。
それでも闇の中で魚写したいときとか暗いからヘッドランプで照らしながら構図決めてくとかあるじゃないですか?
こいつの場合は半押しでライト点灯するからフレーミング楽なんです。

それとケーブルレスでスマホにカメラの画像送れるのでSNSなどへのアップも比較的楽にできます。

Posted by PEARL at 2016年11月30日 03:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431523745

この記事へのトラックバック