2015年04月11日

ブルーカレント 72TZ/NANOを振ってきた。

ふっふっふっ。


届いたんですよ。



nano01.jpg

フィッシングつくるの北原くんから連絡ありましてね。

届きましたと!

仕事そこそこにつくるに車走らせましたわ。

いつも格安のご提供ありがとうございます!>フィッシングつくるさん


祝! NewRod! ご祝儀ポチ頂けると嬉しいなぁ。


・・・・・・・・・



デカアジ追うのが好きなくせに何故かブルカレのデカアジラインナップの72C(Caro)/77M(Monster)に行き当たらず83/91というロングロッドを選択をしてきました。

それもひとえにロングロッド最強!一番飛ばす人がエライ!って子供の頃から解放されないトラウマのなせる技。


そんな私が今回ブルカレ72TZ/NANO。

堪らずバイトしてしまいました。


しかし何ですね。

ブルーカレントの新製品投入。TZで一息つくかと思ったら、

NANOブランクだもんなぁ〜。まいっちゃいますよねー。

ショートでパワーモデル、なんとかスルーしてきたのに新素材投入だもんなぁ〜。


とはいえね、ナノブランク採用したからって何が変わるとかイメージできる訳でもないんですけどね、毎度の事だけどキャスティング動画、実釣動画にヤラレちゃってる訳ですよ。

実釣動画では15gのメタルジグでソウダガツオを抜き上げ。

インチクでハタを連発!


宇和島湾って夏場に期間限定でソウダガツオ入ってくるんです。

そいつをエギ竿、7−10gのメタルジグで狙うってのは年中行事の一つなんです。

私の場合はこれでメタルジグの快感に触れました。

ソウダガツオでいけるんだからネイリにもイケそうです。

一方のハタ類はこいちゃんマソ日記でいつもいい釣りされてるなぁ〜って眺めてるんです。

そういうのと実釣動画がダブる。イメージ広がる。


72TZ/NANO。ぴったり。そうでしょ?


・・・・・・・・・


じゃぁ、アジメバ用としてどうなのか?

キャロ用、デカアジメバ用として各世代のブルカレ最後発で発売される72C/77M系。


第2世代のTIでチニングを意識し始め、TZ/NANOでは根魚、小型青物までも視野に入れてきた。


強すぎてはじかれちゃうんじゃないの?


アジには向かないんじゃないの?って疑問も沸く。


でもしかし、他のラインナップ持ってんだもん。

弾かれるなら別のブルカレを使えばいいだけの事。


それにこのロッドで単体やるわけでなし、キャロやジグで魚に追わせて食わせる釣りがメイン。

バイトも明確なのが多く弾くのはあんまり心配しなくていいんじゃない?


 とか、


91TZがいくら振り抜き易いとはいえロングロッドは爆風時風の抵抗が大きくて煽られちゃう事もあるし、ショートでパワーあれば、低空飛行なライナーキャストで風を避けられるんじゃないか?


とか。



これまで76とか91とかでジグやらスプーンやら投げてたんだけど、穂先入ったり、長かったりでトウィッチのつもりがジャーク的に実はなってたりしないか?


とか、


72で短いでしょ?船上でも使えるだろうし、剣先イカメタルの時、ときおり暴走してくる小型青物の群れをやっつけて遊んだりもできんじゃないのぉ?


とか。。。。


まぁ、買わねばならない言い訳はいくらでも思いつく訳です。


77NANOとも迷ったんですけどねー。

(なんせ長いほうがエライって思ってますから…)


おついさんにどっちにしようか迷ってんだー的な話したら、「PEARLさんは72ですよ」と即答。


あれこれ持ってんだからジグ専用でキビキビしたのになさいって。


まぁ、たしかに。


それにちょっと早く届いた相棒のバリアス77Mがむちゃくちゃ良くて、こりゃ短いのもアリですわ!と痛感したのです。


そんなわけでBlueCurrent 72TZ/NANO。



・・・・・・・・・



ちゅうわけで我慢できずに出撃。


とりあえず振りたい!


やっぱブルカレだしね。もう軽いんですよ。


でもブルカレ中一番強く張りのあるロッド、リール付けないと先重り感少し感じます。


ロッド自体が軽いのでリールで好みのバランスへ持っていく。

雰囲気結構変わります。


ヤマガブランクスの推奨はダイワ2000番、シマノ2500番。


海に出る前にリール色々試してみたんだけど、ルビアス2004では少し先重り感残る気がして、ルビアス2506がいい感じ。でもこのロッドにはデカすぎ。セルテ2004だとなんか違和感残る感じ。

(後日ギル君に振ってもらったら彼はルビアス2004が絶対いいって言ってました。まぁ好み?)


とりあえずMAXウエイトを投げてみたかったのでPE0.5を巻いてるルビアス2506と

メタルマル19gをセット。


振りかぶってみるとリール下短い、 JHの竿みたい。


両腕で投げること考えたらもう少し長い方がいいんだけどな。


アクションの操作性を優先してるのかもしれません。




たらしは約60cm。

振りかぶってのオーバーヘッドキャスト!

リリースが若干遅れた気がするけど、メタルマルは結構なスピードで射出され、ライナー気味に飛んでいく。



76TZとは明らかに違う飛距離。


そりゃ、規定ウエイトを上回る19g。にしても飛ぶ。


リグの重さに負けてない。


0.5PEを意識させない。




回収してもうワンキャスト。なんか気持ちいい。


いつもより一段速いスピードで振れてるみたい。


ジグの重さを意識することなくロッドに乗せられ振りきれる。


ショート&パワー。これはこれで気持ちいい。


硬いんじゃない。しなやかにバネが強い印象。


それが、リリースポイントの広さに繋がっていく。


使いやすい。




ルアーを沖縄発祥の海用スプーン。APOON Slim 12gに変更。

後方重心のAPOON。遠投キャスティングでもブレることなく綺麗に飛んでいく。



着水。


表層近くにうろついてるだろうメバルに期待して表層を

スローリトリーブ。

ハタハタとスプーンをはためかせるイメージ。


ハタハタハタ。ストン。


ハタハタハタ。テンションフォール。


ハタハタハタ。。。。。なにか感じる。


ハタハタハタ。。。。。 手元に伝わる。


ハタハタハタ。。。。。 APOONの動きだ。




表層近いとはいえ、フルキャストした先のスプーンのはためきが手元に伝わってくるのです。


ボトム15mの底まで落とすとさすがに感はかすかになりましたが表層2、3mのレンジでははっきりと感じる。


新製品案内に書かれてた『新次元の高感度』とはこういうことなのかとちょっとニヤついてしまいました。


こんだけの高感度。ジグだけじゃないんじゃなぁーい?


・・・・・・・・・


パワフル。そして超高感度。


そしてきちんと曲がる。


曲がったベリーとバットが魚を浮かせる。


強化されたリフト力が使えるリグの種類を増やし、魚種を増やす。


そこにショートレングスの操作性を上乗せしたのが


BlueCurrent 72TZ/NANO

IMG_9205.jpg


『何につかうん?』  


何に使おうかなぁ?

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ

posted by PEARL at 03:29| 愛媛 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 物欲補完計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます^^
ナノ出たんだ!って思ってここに来ればきっと・・・と・・・
やっぱりゲットされてましたね〜(笑)
おめでとうございます!
それも期待感満載の良いロッドの様で僕も欲しくなりました!(*^▽^*)
良い釣り楽しんで下さいね♪
Posted by san-kun at 2015年04月11日 09:29
おはようございます〜。San-kunさん。

お祝いメッセージありがとうございます〜。
短くて強い!ってのは初めてなんでドキドキです。
ある程度イメージはしてたのですが期待通りで満足です。
こうなってくると77nanoを触ってみたいんだけどどこも入ってないみたいなんですよねー。
72は松前にはいってるのでイジイジしてみてくださいねー。

セールも近い事だし…
どうします?
Posted by PEARL at 2015年04月11日 10:02
二人でモンゴエギング♪ギル君も誘う?
Posted by 相棒 at 2015年04月11日 13:45
そうなのか…>相棒

ロッド、バリアスに変えてもモンゴ先生してるのね.
Posted by PEARL at 2015年04月11日 16:17
お疲れ様です。最初は、おぉ!と思いましたが、83TZの振り抜け感に惚れ惚れしてます 笑
硬いんですか?
Posted by robot-arm at 2015年04月11日 21:22
ども、 robo社長!
83は JH振れる竿。 72はジグを投げる竿。
正反対なのでねー。
まぁ、歴代ブルカレの中では硬いと思います。
ライトなエギ竿が短くなった…といえばイメージしやすいかもです。
とりあえず堤防での3寸サイトエギングは楽勝でした。
Posted by PEARL at 2015年04月12日 00:45
リールは好みでしょうね^ ^扱うロッドポジションとかで変わりそうです。
でも、見た目的にはDaiwaの2500だとやはりちょっと大きく見えますねー
Posted by ギルマスター at 2015年04月13日 13:56
>ギルくん

軽量リール径じゃなくて、頑丈なのが欲しくなりますわなぁー。
Posted by PEARL at 2015年04月13日 14:12
HAGANEは元からSHIMANOのコンセプトじゃないですか(ーー;)
CI4+が強度的にザイオンに勝てずに頭打ちなので、元からある良さを引っ張り出してきた感が、、、
Posted by ギルマスター at 2015年04月13日 17:52
ザイオンのレアニウムがあったら最高!

でもci4で本格的に釣り覚えた人はかなりいると思うしCi4 にはもっと頑張って欲しいんだけどなぁ〜
Posted by Pearl at 2015年04月13日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417108491

この記事へのトラックバック