2013年01月13日

しっぽの折れないMキャロの自作

アジング仲間数人にも使ってもらってるMキャロ(改)の作り方です。

Mキャロを使ってると必ずどこかで、シッポの折れや曲がりに悩まされると思います。
曲がりが酷いと、きりもみしたり、ブランコのように振れながら落ちて行く為、絡みの原因にもなります。

どーにかシッポが曲がったり切れたりしない方法がないかと、いろいろなパイプで試してみたのですが、
固いパイプで作っても根本から折れてしまったりするのですね。
キャロのシッポにはいくらかの柔軟性も必要ということが分かりました。
色々試していきついた方法をご紹介します。

ここでは11.4gの曲がらないキャロを作ります。
遠投が必要な時とりあえずこの重量からスタートする事が多いです。

材料は基本「Mキャロの自作」で紹介したものと同じです。
ただ今回は11gなのでバレットシンカーは3/16ozを、
発泡材は8mmのものを準備します。
今回は付属の透明パイプも利用します。
熱収縮チューブは8mmか10mmを用意。

工具は2.5mmと2.6mmのドリルも用意して下さい。

発泡材に付属の透明パイプを60mmにカットします。

2013-01-12 20.05.53_resize1.jpg



後側になるシンカーにはパイプが入るように、1.5mmで貫通させた後、先の方から2.5mmに広げます。
貫通させなくても8mmか10mmぐらいまでの深さで大丈夫です。

2013-01-12 20.29.34_resize1.jpg



シンカーに透明パイプをぐっとねじ込み、キャロ本体に組みます。

2013-01-12 21.14.48_resize1.jpg

パイプの方が少し長いですが、透明パイプは収縮がおおきいのでここでは気にしないで下さい。

収縮チューブをセットして入浴準備
2013-01-12 22.21.01_resize1.jpg

透明パイプはfixよりかなり熱の通りが早く3秒程で収縮します。
鍋の温度も沸騰し始める寸前位でいいと思います。

風呂上がりの姿はこちら↓
2013-01-12 22.48.11_resize1.jpg

。結構縮むでしょ。



熱をかけると透明パイプが収縮する為、緩くなってることがあるので、もう一度ぐっとねじ込み固定します。
瞬間接着剤を使ってもいいですが、気化したした接着剤で白濁する事も多く私はあまりやりません。
次に穴を広げた際に出来たバリをドライバーの軸などで潰して慣らし、キレイにします。

2013-01-12 22.52.41_resize1.jpg

下2本が継ぎ目をきれいにならしたもの。
パイプの固定の為でもあります。



最後にパイプの両端をきれいにカットして完成です。



2013-01-12 23.06.28_resize1.jpg

11.4gに仕上がりました。

赤パイプに透明パイプをかぶせる事で適度な堅さとハリが出て、滅多に折れる事はありません。
沈降の姿勢も安定してて、ラインに少しテンションをかけて落とすことで超ロングスライドします。

ちょっと制作手順が増えますが、それだけのメリットはあるんじゃないかと…。
このキャロを気に入って愛用してくれてるアジング仲間が数人いて、
「オータさんの作るキャロやけん「O'キャロ」やねーと命名していただきました。




ヤル気の時はドーンとこんぐらい作ります。
IMG_2923_resize2.jpg




最後まで読んでくれてありがとです!
開設してまだ1週間と経たないのにアジングランキング41位!
seesaaのアクセス解析を見てみるとやはりブログ村のおかげです。
見てもらってるってのは確かな励みです。
お帰りの際にはポチッとやってくれると激しく喜びます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

posted by PEARL at 02:33| 愛媛 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作なタックル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312986763

この記事へのトラックバック