2016年05月13日

ジグの塗装を簡単にはがす

百均には大好きでよく通ってるのですが、

噂のこれをとうとう買ってみた。

ダイソー ジグベイト。 もちろん100円!

IMG_1806.JPG

あちこちで釣果報告も上がってるし使い物になるみたい。
100円だし根掛かり調査のパイロットとしてもばっちり。


でもねー。無いのよ。
ホロシルバーの奴が…


じゃぁ、いっぺん剥がして塗り替えてしまえ!って事で
100円だし躊躇ないです。



さてどうやってコーティングと塗装を剥がすか?

サンドペーパーでゴシゴシなんてやたら根気がいるし、
 リューターなんか使うと削り過ぎちゃったり…

塗装自体はシンナーで落ちますが、表面のウレタンコーティングは
シンナーぐらいではビクともしません。



たまたまなんですけど前にいい方法発見してんですよね。


とある日。瞬間での取付けに失敗したプラグの目玉を外そうとカッターであれこれやってみたものの外れず、
たまたま部屋に転がってた瞬間接着剤の剥離剤に漬け込んでみたところ…
10分後にはコーティングが水を吸ったようにぶよぶよに柔らかくなってたんですよね?
強力なシンナーでもなんともないのが、いともあっさり。。
以来コーティング剥がしにはこの方法でやってます。



今回用意したのはこれ!

ダイソー 瞬間接着剤用 はがし液 低粘度
(ちなみにセリアのでもだいじゃぶ)

IMG_1808.JPG


主成分がアルコールで臭いも少ないので小皿に漬け込んでもいいのですが、
あたしはもっぱらチャック袋を愛用。
IMG_1809.JPG
密封できるし漬けたまま揉んだりできるしね。

剥がしたいジグにたっぷり塗って、
IMG_1810.JPG

チャック袋にイン。
IMG_1811.JPG



5分後。
IMG_1812.JPG
早くもコーテイングと上塗りの青が浮き始めゼリー状になってきた。



10分後。
IMG_1813.JPG
袋の上からモミモミするとほぼ青は剥がれ、ホログラムのキラキラも溶け始めた。

あ、そうそう。
ある程度ゼリー化が進んだら新鮮な剥がし液を追加で入れた方がスムーズに剥がれるみたいです。

目玉がビクともしないのでさらに放置。。。


30分後。
IMG_1816.JPG
下塗りらしい銀色が剥がれてきて鉛の地肌がほぼ露出。
目玉はやはり剥げそうにもないのでここで終了。

袋から取り出してテイッシュで剥がし液を綺麗に拭き取ると…

ほらね。超簡単にジグベイトが丸裸です。
IMG_1818.JPG

取れない目玉はアイをライターで炙って熱で接着を緩めたらポロリと簡単。
IMG_1820.JPG

気になるバリを掃除して… って後ろのアイが削られまくっとるしって
IMG_1827.JPG
この辺は百均なんでご愛想…。

背中と腹側の切り離し線も気になったのでヤスリで落としてっと…。
IMG_1829.JPG

素っ裸のブランクジグの完成!
IMG_1831.JPG
後はお好みに彩色するのみっ!


・・・・・・・・・・

この方法を発見した時はなんて楽ちんなんだ!と興奮したのですが、
周知の事だと恥ずかしいので検索してみたのね。

まぁ意外とヒットして来なかったのでブログに書いたのだけど、
2つほど見つける事ができたのでご紹介します。


ここでは水抜き剤を使ってます。
水抜き剤の〜IPA(イソプロピルアルコール)が作用して剥げるらしく…
詳しくはリンク参照してください。
同成分が瞬間接着剤のはがし液にも含まれています。
下地にもよるでしょうがはがし液ではプラグとジグで概ね10分から20分で取れました。
シンナーより樹脂に優しいのもいいですよね。

もう一つは

こちらでは様々なジグの塗装を水抜き液ではがしてらっしゃいます。
僕もアクセルの一液ウレタンコート使ってますが、綺麗に剥げたんだけどなー。。。
まぁ、コーティングにも色々あるし効果の程は色々って事で…

まぁ、ヤスリでゴリゴリより簡単!素早い!そして綺麗!
うまくいかなかったとしてもそこは人柱としての対価。
自己責任にてお楽しみ下さい^^

 ・・・・・・・・・・

本日もご来店ありがとうございます。

出張の帰り道。
高速代節約の為、伊予灘を回って帰りました。

まぁ、節約っていうよりは竿振りたかっただけなんだけどね。
足場高かったので83TZに7gキャロ。

フロートも試してみたんだけど反応なかったので Peeキャロに変えて
なるべく上の方トレースしたら一発。
IMG_1834.jpg
なんだろ?

このシュチュエーションにはこれ!みたいなのももちろんあるけど
使い慣れたリグでなんとかするってのもありですよねー。。


おかえりの際は下のバナーをポチッとよろしくです。



posted by PEARL at 21:27| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 百均ノ逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

オートキングフレーム 38-350T 再び


あたくし、ランディングネットは第一精工のオートキングフレームを愛用しております。


枠を畳んだところからシャキィーン!とトランスフォームする様は変形ロボットアニメの祖、ゲッターロボにも必殺仕事人・飾り職人の秀さんにも相通ずるものがありギミック好きには堪らん一品。


まぁ、値段が高いのが玉にキズで、あたくしはオークションでジャンクなものを探しては直して使っておりました。

現在使ってるのは60-535x ver.2と半年前に亡くしちゃった38-350T。

 38-350Tはコンパクトだし軽いので腰につけてテトラ場でよし!
 バッカンのロッドホルダーに常駐させてよし!で気に入ってたんですよねぇ。

しょうがないのでタモいりそうな時は60-535xを持ち歩いていたんだけどやっぱり大きすぎるのよねぇ。

あまりに名残惜しく、銭もないのでヤフオクで探してたのですが…




辛抱堪らず。




密林 でポチッ。



ポチッとな






グフフ。初めての新品^^
IMG_1581.JPG

送料込みで11千いくらか…。


まぁ、そこそこの長さでしゃっきりしてて、首が折れてくれさえすりゃオートキングである必要もあるまいと他のものを探してみたのですが、ランデングシャフトってめっちゃ高くて高品質か、安くてぐにゃぐにゃかのどっちかでソコソコの値段のまずまずの性能って奴って意外とないのよ。

ギルくんの使ってるダイワのシャフトはソコソコの値段で軽くてシャキッとしててよかった。
8000円ぐらいだっけ? まぁ守備範囲内。

これにフレームとネットで3000円しょ。首折れジョイントが4000円ぐらい?

普通のランディングでもソコソコするなら、オートキング買っちゃえみたいな。。

大きい枠のは検討の余地がないぐらい高価なんだけど短いオートキングは意外と安かったりするのよ。



内容物はこんな感じ。
IMG_1582.jpg


フレームのネジを外してネットの V の位置から通していきます。

IMG_1583.JPG

とりあえずネジを締めて付属のインシュロックでV路のところをフレームに固定。
IMG_1584.JPG
IMG_1585.JPG
これやっとかないと開閉時にネットが突っ張っちゃう事があるので必ず止めてください。


フレーム開閉の具合は、このフレーム元のビスの締め付けトルクと塩がみの具合で結構変わるので、気を使うところなんだけど、新品だし適当に締めたので大丈夫でした。


仮組で締め付けトルクを確認したらネジロックを塗布してキュっ。
IMG_1586.JPG
IMG_1587.JPG



ほとんどはロッドホルダー待機なんだけど、テトラとか足場悪い時用にマグネットつけてます。

あまり必要を感じないホルダーを外してマグネットホルダーを取り付け。
IMG_1594.JPG



前はマグネットとスパイラルコードだけのシンプルな方を付けてたんだけど、今回は尻手ベルト付きの高級な方をチョイス。

IMG_1588.jpg



IMG_1592.JPG

位置を決めてく。

私の好みは畳むと立つ!開くとやや前を下にして下がる感じ。

IMG_1595.jpg


IMG_1596.jpg


ほら、一回一回畳むのも面倒じゃない?


この感じだと歩き回らなければさほど釣りの邪魔にもならないし、左手スナップだけですぐタモが出せるのよ。



さぁ、鱗付けはいつになるかなぁ…。


・・・・・・・・・・
本日もありがとうございました。


本当はさぁ、48-550xが少し長くなっても構わないから、軽くなってくれると一番いいんだけどなぁ。。
どうよ?>第一精工さん



お帰りの際はは下のバナーをポチッとお願いいたします。



posted by PEARL at 07:07| 愛媛 | Comment(4) | TrackBack(0) | 物欲補完計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

P`s Factory的 BlueCurrent 比較レビュー

新しいブルカレを手にする度に書いてる気もするんだけど、手持ちのブルカレの紹介とレビューです。
これを踏まえてBlueCurrent 85TZ/NANO All Range の立ち位置を考えてみます。

下記にブルーカレントのHPを貼りましたので
別ウインドで比較しながら読んでいただければ幸いです。

あ、その前にポチッと…





BlueCurrent  65/TZ

普通に JH担当。たまに4gキャロ。BeeBive。610Tiからの買い替え。
ポリエステルライン03/04。ルビアス1003。 
でも本当はレアニウムがベストマッチ。
JH超下手くそな私には正直アンダー1gなんてよくわからなかったんだけど、
65TZでなんとなく使えるようになった感じ。
多分普通のアジンガーならビンビン分かるとこなんだろうけどなぁ。。
でもまぁ、結局アンダー1gとか使わないし、プラグも使える610が恋しいこの頃。。
 ポリエステルラインで4gキャロとかも65より610なんだよな。多分。


BlueCurrent  76/TZ

基本の1本。76/Tiからの買い替え。
ルビアス2004。 Pe02/PE04/プラグの時はフロロ。
4gー12gキャロあるいは3gから7gのジグ。Beeバイブ。レンジバイブ。
 マリコカスタム、マリコロングなどのプラグ類となんでも担当。
TZになってしゃっきり感増量。感度もあがったし、少しパワーも上がった。
プラッキング、チニングにはベストだと思う。
でもティップの張りが強くなってプラグやジグは良くなったんだけど、
Tiのようにティップでキャロの重さを計りながらのリトリーブはちょっとしにくくなったかな。
マリコロング。ユーリにベストマッチ。マリコカスタムだとちょっと強い印象。
思うに76Tiの代替えとするなら72TZがベストなんだと思う。
プラグもそっちの方が扱って面白いはず。
ジグ単以外のアジメバで1本ってことならこの76になるんだけど、76の守備範囲を72nanoと83に振り分けて72TZに変えようかと最近思ってる。


BlueCurrent  83/TZ LC

BlueCurrent の中で一番大好きな1本。83Tiからの買い替え。
TZになって一番よくなった1本。しなやかなのに感度抜群。
キャスト時の振り抜け感もすごく気持ちいい。
ルビアス2004。Pe02/PE04/プラグの時はフロロ。
7gー14gキャロあるいは3g以上のJH。マリコカスタム、マリコロングなどプラグ担当。
前はメタルジグ3-13gやスプーン11gなんかも投げてたんだけど72TZ/NANO購入してからはハードルアーは投げなくなりました。
76が上に書いたようになったので、キャロも83で投げる事が多くなった。
リグの重さをティップにもたれさすような操作がしやすい。
TZになって感度があがり、小さめのアジでも十分楽しくなった。
でも一番楽しいのは尺以上のアジでロッドをブン曲げて釣るのがすごい楽しい。


BlueCurrent  72TZ/NANO Jig SP

ジグ投げると本当に楽しい1本。
ジグ/レンジバイブ/APOON等ハードルアー。堤防に浮いてくるイカを3号エギでちょっかい出す用に常にラインを通して待機。
11-14gのPeeキャロにもマッチ。
85nanoが仲間入りしたし寝魚用のサブとしても使えるかと。
今年はイカメタルのスピニングタックルとしても使うつもり。
ルビアス2004。Pe02/PE04。


BlueCurrent  91/TZ LC

南予でのデカアジには最高の1本。Tiからの買い替え。
これもTZにになって感度3割増し!
どのBlueCurrent TZにも言える事だけどトルザイトリングガイド用に新設計されたティップセクションの出来がすんごく良くてTiよりも感度がはっきり分かるぐらい上がってます。特にLCシリーズは顕著。
11-20gのキャロ、スプリット。とにかく思いリグをクソ遠投してデカイの狙うならコレ!
ファイト時のロッドの曲がりで素直で綺麗でドラグきつめでロッドのパワーとしなやかさで魚をいなす事が楽しいロッド。
ルビアス2506/2500s。PE05。


とまぁ、こんな感じで立派にBlueCurrent ヲタクなワケですが、
ここにブルカレ 85TZ/nanoが仲間入りしたワケですね。

まぁデカアジ対応ができて、エギが振れるとなれば荷物も減らせるし
グルーパも今後チャレンジしたい釣りの一つだし。。。
って事でBlueCurrent ヲタクとしては外せない一本なワケですよ。
まぁ、現在のとこ85ではアベレージなアジしか獲ってないワケでもう少しいろいろ釣ってみないとわからないのだけど、金欠とはいえ91TZを処分しちゃったのは早まったかなーと、、、早くも後悔。

新規で購入する人は85nanoでOKです。
でも91ユーザーの人は買い替えじゃなくで買い足しで85nanoをゲットする事をお勧めします。

85nanoが広範囲に便利に使えるので91の登板回数は減るかもしれません。
それでも91には91でしか得られない楽しさがあるように感じます。

・・・・・・・・・・

本日もご来店ありがとうございます。

85nano。
大人気のようで次のロットは6月とも10月とも耳にします。
そんな中で、重めならジグ単はできるか?とか軽いキャロはどうか?とか聞かれます。
まぁ、もちろんオールレンジってぐらいだし出来なくはないと思います。
でもあんまり気持ち良くはないと思います。

ライトソルトからの All Range とはいえ 楽しいのは尺絡みから小型青物な感じ。
ライトソルトとしては重めのリグを中遠距離にキャストする釣りにマッチするロッドかと。。

じゃぁ L なエギ竿でいいじゃんか?的になってくるのですがそこはヤマガのスタッフブログにあるとおり。。


まぁ、これは85nanoと91TZにも同じような事がいえるかもしれない。
メタルジグを使うなら絶対的に85nanoだと思います。

パワーのあるブランクと張りはあってもちゃんと入るティップ。
そこをうまく繋いでくれるのがNANOブランクといったところなんでしょうか?
うーん。うまく表現できん。



おかえりの際は下のバナーをポチってしてくれると嬉しいです。


posted by PEARL at 11:32| 愛媛 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | タックルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする