2016年03月17日

マリコロングで妄想する。




出先のホテルにお楽しみの荷が届いた!


IMG_1508.JPG
愛用のマリコカスタムの作者、ソルトマスター氏の新作、

マリコロングがとうとう出荷開始となりました。






安定のマリコカスタム。
でももう少し大きいフックを背負えるモデルが欲しい。
もう少し大きなシルエットのマリコが欲しいってリクエストに答えたモデル。


 とりあえず取り出してみる。
IMG_1509.JPG
ファーストロットはこの5色。


ほぼ中央より前後ほぼ同じ角度でなだらか絞り込まれている。

全長の中央より僅かに前、背の一番高い位置にフロントフックが設けられている。
アクションを入れる時、ボディ中心を支点に首を振ってからアクションをはじめるのではなかろうか?
またフロントフックへバイトの時、このほぼ中央の支点がリアフックのエラへのサポートをより積極的なものにするはずだ。

そして絶妙の距離感で絡まないセッティング。
IMG_1511.JPG
マリコカスタムより1サイズ大きい#12フック,。
 この距離を基準に全長が決定された気がしてしょうがない。


真上からの図。
IMG_1517.jpg
中央よりアイに向けてシュツと細く仕上げられいる。ボルゾイのノーズみたい。
後方は細いながらもボリュームを残す。

そして下向きのアイ。
これはユーリと共通する仕様。

ユーリでの浮上アクションを取り入れたマリコ。

IMG_1539.JPG

そしてボディの上側ギリギリを通るワイヤー。

通常ならワイヤーはボディ中央を水平に通しそうなもの。。
その方が製作も楽そうだし、大きくなったフックと相まって安定感は増すはず。
ただ、安定は氏の目指すところではない。

潮流のなかラインテンションでルアーをステイさせた上での揺らぎの演出。
それがソルトマスター氏の目論見。

ましてマリコロングは#10フックをも視野に入れたプラグ。
通常のように腹側にワイヤーを通すと安定が出すぎたのではないかと…。
いや、それは状況によりけりな要素。

フックサイズでルアーの動きを使い分ける。

そのためにワイヤーを背側に通したのではないかと…。


まぁ、そんな風に妄想するわけですよ^^
間違い補足ありましたらご指摘ください>ソルトマスターさん


つーわけでね、カラー見ていきますよ。

まずはレッドラメ・フレーク系ね。
IMG_1519.JPG

これはもうマリコカスタムでのアジの鉄板カラー。
特にドットの大きなレッドフレークは予備が欲しい程に鋼鉄です。
レッドラメの方も明かりが効いてる場所や潮が澄んでる時にいい気がします。


クリアラメ系カラーバック。
IMG_1518.JPG
これ全体塗られてるのかと思ったら彩色は背側だけで腹はクリアラメなのね。
ユラユラするとカラーの幅もゆらゆらと変化して見えるんだろうなぁ。

クリアなレッドヘッドにクリアチャートバックはアジにおいても秀逸。

グリーンバックはやはりメバル向きでしょうか、ユーリでの人気カラーですよね。


そしてパールホワイト。
IMG_1520.JPG
照明の関係か写真ではソリッドなホワイトに見えますがうっすらパール入り。
こちらはアジもメバルでもイケるのはマリコカスタムでも実証済み。
ブラック同様シルエットがはっきり出るのだと思います。
1個は持っておきたいカラー


ちうことでね、
アジプラが多い私なんかにも非常にわかりやすく使いやすいラインナップなのです。

ああ、はやく振ってみたいなー。
IMG_1515.JPG


本日もご来店ありがとうございました。
おかえりの際は下のバナーをポチッとお願いしますねー。

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
posted by PEARL at 01:38| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タックルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

マリコカスタムであそぼう

早朝発の北陸出張。

寝たら起きられない…。

ならば始発の時間まで釣りをして時間を潰そう。

睡眠は列車の中で十分取れるんだし…。


ちうことで夜中2時に発。
前回と同じ場所。

前回はとりあえずセットしか持ってなかったので色々試せなかったのよね。

ユーリも無かったし。

釣れてる時に色々試したい。

いや、釣れてる時でないと試せない。

釣れない時に引っ張って来るスキルがあればいいんだけどねー。
つー事で今日の課題はユーリとマリコカスタムのオリカラ。

ユーリ・マリコカスタムはソルトマスターさんのオリジナルプラグなんだけど、
 ゆったら作家ものだし、あれこれいじるのもどうかと思って氏に許可を頂いて
アジング向きだと妄想するカラーを試させてもらってます。

そんなオリカラがメバルにどんだけ通用するのか試すチャァンス。




ポイントに着いてみると先行者2名。
声をかけると、子メバがポツポツらしい。

快く入れて頂けたので手前でキャスト。


うーん。
こっちもあっちに比べたら明暗薄いけど一応灯りは来てるんだけどなぁ〜?

明るいところでライズはあるんだけど、サイズがでるのは手前の影の中。
 前回の釣りでそのイメージが強い。

灯りの方向から少しずれたこの場所はコントラストが薄い。
バイトが少ないのはそのせいかも…
サイズも出ない…。


そうこうしてると一番明るい角を打ってた先行者の方が移動。
立ち位置は変えず少し手前から角の先の影との境目を中心に打つ。
角に立つとおいしい場所に人影がくっきり出ちゃうののよね。
海面に余計なプレッシャー与えない方がいいかなと、影落とさない方が釣れそうじゃない?

ユーリとマリコカスタムをとっかえひっかえしながらいろいろ試す。


するとユーリで
IMG_1375.jpg

むぅ。18cmぐらい。。。。



クリアチャートなマリコカスタムでも
IMG_1376.jpg

むぅ。サイズ変わらず。


IMG_1378.jpg
微妙にサイズアップ。20cm


IMG_1379.jpg
アジでは好調なホワイトグロー。
うむむ。サイズダウン!


IMG_1380.jpg
と思ってたら本日最大の23cm



IMG_1381.jpg
もひとつオマケに20cm.



いろんなカラーを試すうちになんとなく癖みたいなのが見えてきた。

この場所限定かもしれないけどチャートはイマイチ。
反応が良かったのはクリアラメ系。
グローホワイトも OK!

環境光のせいなのか、魚種の違いなのか…。
 それはまた試してみないと…。

チャートカラーはアジには評判良かったんですけどねー。


ユーリよりもマリコカスタムだったので、後日ソルトマスターさんに聞いて見ると
「上から〜、マリコ〜♪」の歌の通り、マリコカスタムの方が高い足場に強いそうで…。
まぁ、マリコカスタムの方が慣れてるせいもあるだろうけどそういう事なんだそうです。
はげしく納得。

てな事を考えてると、そういえばこの場所は潮が横に動く場所。
満ちの時、潮は角に当たって反転流が起こる。。
その場所こそが明暗のキワの暗い部分。
ゴミの流れ方でそれに気がついた。

サイズの違い。
明暗のちがいと思ってたけど実は潮流のせいかもしれない…。



この日の最後はこいつ。
IMG_1382.jpg

なんか妙に引が重いと思ったらスレでした。
しかしこいつは海タナゴ?

にしては大きくないかい?の25センチ。


この後渋くなり、潮止まりも近いので納竿。


さて、駅までダッシュいたしますかw




本日もご来店ありがとうございます。
写真似てますが別釣行ですよ。
でも同じアングルで変化ないなぁ〜〜。
写真の撮り方もっと工夫せんと…。

おかえりの際は愛のポチをぜひよろしくお願いします。



posted by PEARL at 03:08| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣りに行きました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。