2015年12月28日

パズデザインよりいろいろ着弾

冬用のオフショアグローブが欲しかったのでパズデザインにいろいろ発注。
まぁ、小物ばっかなんだけどね。
IMG_0940.JPG








システムケース M
IMG_0941.JPG

まぁ、バッカンの中とか小分けにするための小さいバッカン。
あちこちのワームをつまみ食いした結果。
ボックスの中は口開けて少ししか使ってないワーム袋がわんさか。
あちこち散らかるのでひとまとめにしようかと…。
雨の日使って水抜け悪いのもいやなのでメッシュタイプを選択。



ナイトグロートリプルテン
IMG_0942.JPG
新製品。中に高照度の蓄光材が詰まってて、10分の蓄光で10時間発光するキーホルダー。
夜釣りの際に荷物の所在確認やライジャケの背中につけるなどマーカーとして使用できます。

IMG_0943.JPG
まぁ、ファングッズなんだけど、結構明るくて実用性もばっちり。


ディブル55 スタメンゴールド(WEB販売限定品)

IMG_0945.JPG
ほら。先日レンジバイブでデカアジ釣れたでしょ?
ならば… と調子にのっての購入。
フックが無いかわりにリングスターのボックスときらきらステッカーがオマケ。

ディブルはクリアカラーのラインナップが少ないんだけど
WEB限定のスタメンゴールドはもうアジ釣りに使って下さいと言わんばかりなカラーなのです。
このぬらぬらとした光沢が人間をも釣り上げますな。
IMG_0946.JPG

計算された重量配分とオリジナルレベルフィンで早巻きでもルアーの立ち上がりを防ぐ設計。
IMG_0947.JPG
7gと重量もあるし、水深のある宇和島近辺で活躍させたいなぁ。




アルティメットG−1グローブ
IMG_0948.JPG
夏に買ったサマーバージョンが良かったので冬バージョンを購入。
キャスティング用のグローブって事でキャスト時、人差し指に糸が引っかからないようパターンに工夫されてる。
要所にニューパワーグリップっていう極めて滑りにく素材を採用し、指先にはケブラー繊維で磯のヘツリの際にやぶれたりしないようケブラー繊維を一部採用。甲には断熱に優れ伸びのいいストレッチクロロプレン。
小指側は2重に補強されていて太いラインの締め込みにもきっちり出来ちゃう嬉しい仕様。
IMG_0952.jpg
オフショア出るとね、なぜか指先ぼろぼろになっちゃう。
仕掛け自体も太いし5本指のを選択しています。ほぼほぼバーチカルジギングなのでラインの指がかりは気にしなくても良さそうなものだけど、そこはほれ普段キャストの釣りがメインなので気になる所です。
ライン結んだりを考えるとあまりゴツいグローブも使い勝手悪そうだし薄手でぴったりフィットなキャスティンググローブにしました。


本日もご来店ありがとうございます。

大方の人はもう冬休みなのかな?

極貧自営業な私はまだまだお仕事山積。
さっさと終わらせていい正月迎えたいですねー!


おかえりの際は下のバナーをポチッとお願いしますよお。

posted by PEARL at 18:56| 愛媛 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 物欲補完計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

iPhoneが防水じゃないので…

iPhoneのカメラがどんどん良くなるもんだから
もうコンデジを買うことはないなって思ってました。
でもスマホではやはりかゆいところに手が届かない事もあります。


先日のデカアジ釣行。

大雨だったんです。


それでも釣りたい欲求には勝てず竿を出す訳ですが
ブログネタ用に写真を…なんて時にiPhoneは防水じゃない。。。

まぁ、入りにくい様には作られているようですが精神的にはよくない。
だいたい雨が液晶に付いてたり指が濡れてたりすると
タッチパネルが言うことを聞いてくれないんですよね。

それでなくとも夜間撮影。
iPhoneのライトはシャッターが切れる瞬間にしか点いてくれないので
ヘッドランプで構図を決める。そうすると撮影時にはライトを消すために
片手塞がっちゃうし、もたもたしてるうちに構図が狂う。魚は跳ねる…。

ライト付けっぱなしで撮影しようとするとライトと魚の間に位置してる iPhoneの影が写りこみ邪魔。

iPhoneの向こう側へ補助ライトをと探してみたんだけどイマイチ決め手に欠けるし
雨天や海水で濡れた手で扱わねばって問題は解決しない


うーん。やっぱりカメラ欲しいなぁ。





どうせなら防水性、補助ライト、どうせならグローブしたままでの操作性も考慮したい。

僕の知る限り補助ライトを搭載した防水カメラは2つ。

旧ペンタックス、現リコーのWGシリーズ
J0000014715.jpg

これはレンズの周りに6個の LEDが付いてて影も出なさそう。
でも調べてみるとこのライトは本当にマクロ撮影専用みたいでもやっと光るだけ。
ごく近くの物しか照らせないらしいんです。


それで決めたのがオリンパス Tough TG860。
IMG_0921.JPG
次期モデルが控えてて型落ち寸前の底値でGet。


もともとオリンパス党でフォーサーズ使ってたし、Toughも
15年ぐらい前のモデルがまだ確か家にあるはず。
防水コンデジの先駆者とも言える伝統モデル。


オキニメーカーってのもあるけどそれを差し引いても魅力的なものに変貌していました。


まずは防水スペック 水深15m。高さ2.1mからの落下にも耐えるタフネス設計。
唯一の開口部の電池蓋も大きめのダブルロックで安心。
IMG_0930.JPG

F3.5と少し暗いものの広角端21ミリは屋内撮影や水中撮影では使いやすく
GPSでの位置記録や撮影画像のwifi転送など今時カメラのツボもしっかり押さえてる。


電源スイッチ周り。
IMG_0922.JPG
スイッチ頭部は触ればそれと判るようギザギザになってます。
シャッターボタンも大きく出っ張ったズームレバーと並んでいるのでグローブをした
人差し指だけで構図を決めシャッター操作が容易にできるよう考えられています。
このあたりの操作性は工事現場やシュノーケリングで長く愛用されてきたノウハウが
みっちり詰まってる感じです。



今回こだわりたい撮影ライト。
IMG_0927.JPG
フラッシュの隣に配置されたLEDがそれ。


本来は赤目を防止したり暗がりで被写体までの距離を測る為に一瞬光るAFイルミネーターって部品なのだけどTough TG860ではこれを常時発光させて撮影ライトとして利用できるのです。


こんな感じ。
IMG_0928.JPG
結構明るい。


これなら撮影の為にヘッドランプ付けなくていいし、映り込む影に悩まされなくていい^^


とりあえず部屋を真っ暗にして撮影してみる。

こちらフラッシュ使用。
IMG_0936.JPG
こちらライト点灯。
IMG_0935.JPG

むむむ。思ったより照射角度狭い。フラッシュとあまり変わらない。
っていうかフラッシュの光もあまり広がってないし…
まぁ卓上撮影で被写体までの距離20cmぐらいだしこんなものか…
少し引いてズームして撮影したほうがいいのかもしれません。


引いた感じ… 露出が…
IMG_0938.JPG 
まぁ、このあたりは現場で色々やってみないとね。


予想外に便利だと感じたのは下の写真、グリップのあたりにあるフェイスボタン。
IMG_0923.JPG

Toughはコンデジで唯一モニターが開く構造になってて、猫目線などのローアングル撮影も楽な姿勢でできるんだけどこのモニターを180度ひっくり返せば自撮りモード。
IMG_0924.jpg
この時に臨時シャッターボタンとして機能するのです。



ちうことは!



右手ガーグリップで塞がってても、左手でもシャッターが切れる!
IMG_0926.JPG
左右どっちでもいけるって事は基本左利きの私にとってはすごく大きい事なのです。


またモニターが開くので、こんな感じで三脚いらずでセルフ釣り動画も撮れちゃったりするのよねー。
IMG_0929.JPG



ねー。釣り人用としてはもう言うことなしでしょー。
オススメしときますよーーーー。




本日もご来店ありがとうございます。

ぼちぼち年末の気配がしてきてますが、釣り納めの予定はいかが?
私は正月の魚を確保する為30日にジギング出ます!!
久々なので気合入れてフック作ってますよー!
IMG_0934.JPG

おかえりの際は下のバナーをポチッとお願いします。
一層やる気が起きますのでっ!

posted by PEARL at 11:48| 愛媛 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 物欲補完計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

ヤマガブランクス2016の注目は

IMG_0903.jpg

毎年お楽しみのヤマガブランクスの2016カタログが届きました。^^



注目の1ページ目はこのねぇさん。

IMG_0904.JPG
ちょいちょい動画でお見かけしますが、展示会でマグロ役をかって出てたり
社員さんなのかな?

 ガチ青物を浮かせてくる姿はさすがです。

あー俺もキャスティングで青物獲ってみたいなぁ。楽しいだろなー。


この目次ページからヤマガブランクスの基本はやはりオフショアなんだなと感じます。
青物で培ったノウハウをライトゲームに落とし込む。
魚を浮かせるのはリールではなくあくまでもロッド。
そう主張するかのようにヤマガブランクスのロッドは
どれもここ一発のところで粘ります。
素直なティップにパワフルなバット。それをスムーズにつなぐベリー。
それらを初めて手にした人が驚きの声を漏らす程の超軽量にパッケージしたのが
ヤマガブランクスのライトタックル。
魚とのやりとりの中でみせる弧の美しさといったらあぁたもう惚れちゃいますよ。
まぁまぁ、それは置いといて、カタログをめくってみましょうかね。


たくさんのご来店ありがとうございます。
まずは受付にてポチッとお願いいたします。



来年の目玉はバリスティック全面リニューアル!
IMG_0905.JPG


バリスティックといえばシーバスロッドの上級モデル。
去年のEARLY+へのリニューアルでなんかおいてけぼりの感がありましたが
一気に巻き返し。
そのほとんどをナノアロイ仕様にそしてベイトモデルを追加してきました。
IMG_0906.JPG

そしてカタログには記載ありませんがオフショアキャスティングのブルースナイパーのフルチェンジもHPにてアナウンスされてます。

2016の大きな流れとしてはこの2つって事になるのですが
私的に釘付けになったのはもっと別。


まずはEARLY+。


IMG_0908.JPG

2016では3本のニューモデルが用意されてるようです。

 81M Wind
86M レンジスナイプ
96M Surf

ロッドは短ければ柔らかい長けれれば強いってのが普通なのですが、今回のEARLY+新機種は長さは違えど同じM!そのどれもが32g,35gのリグをキャストできる仕様!
プラグだけではなく鉄板バイブやメタルジグ。ヘビージグヘッドをメインに使っていくロッドをラインナップしてきました。
太刀魚ワインドやハタ類のショア根魚。メジカやネイリなどの小型青物がターゲット。
この2、30gを使えるラインナップってヤマガでは無かったんですよね。
ブルースナイパーでは強すぎるしバリアスでは荷が重い。アーリーは長すぎるし…。

これまで使いずらさを感じつつエギングロッドで代用してた釣りをEARLY+がサポートするようです。
こりゃぁもうシーバスロッドって枠には収まらない感じですね。

とりわけ私が注目してるのは81M Wind。
ショア太刀の場合エギングロッドでできなくはないのですが、エンド側が短く長時間のしゃくりだと肘が痛くなったりしてイマイチ。
 やはりワインドにはエンド側が長めで先重り感がなく、
長時間ダートさせても疲れないもの。
 ベリーでワインドジグヘッドを柔らかく小気味よくダートさせ、
ティップは食い込み重視… みたいな。

ワインドがきもちいいロッドは前からずっと欲しくてヤマガブランクスさんにも事あるごとにリクエストしてたのがようやく実ったって感じでうれしい1本。

多分、これは買っちゃうなぁ>81M wind

発売予定は2月末だそうです。



・・・・・・・・・



そしてブルカレヲタク、収集家wとしては見逃せないBlueCurrentに
Nanoモデルが追加。

Bluecurrent 85TZ Nano All-Range
IMG_0909.JPG


なんとリグウエイト3−21g。なんと91よりも72nanoよりもパワーは上?
目指したのは究極のなんでもロッドということでグルーパーはもちろんエギングまでも対応しちゃうんだとか?

まじですかい。
IMG_0910.JPG
なんだか前出のEARLY+と被っちゃう気もするけど、こちらはNanoブランク採用って事でおそらくはパッと見パリッとしたロッド。まぁ、エギ振れるぐらいですからね。
でも72TZ/nanoで思った事なんだけど実際使ってみると
そんなパリパリ感は感じないのです。
なんていうんでしょ。魚が掛かるとヌメッとした感じになるのです。
85TZ Nano All-Rangeも同じ感じなんかなぁ。

つーかね。91TZと多分被ります。
IMG_0911.JPG
HPでは ”特に推奨ゲームは設定していません” となってるんだけど85TZではよりそれを推して広げた感じだろうと推測します。
じゃ85TZ/nanoは91TZの後継なのか?と問われれば
多分それは違うような気もします。
91TZは長くて強いけどやっぱアジメバロッドなんだと
実感する事がちょいちょいあります。
パワーにまかせて浮かせるのではなくベリーとバット、ティップまで
全部使ってテンションを出し入れする。
その時に見せる綺麗なベントカーブ。
83TZもそうだけどこれが気持ちいいのです。

85TZはNanoブランクのおかげで使用範囲が広くなり楽なロッドにはなってるだろうけど91TZのきもち良さを備えてるかどうか…
それは使ってみないとわからない部分でもあります。

まぁ、あれですよNANOブランクの竿はうまく説明ようしませんw

91贔屓な私としてはもちろん91を推したいところではあるのですが、
もしエギングロッドとして普通に使えるのであればエギングロッド処分してこちらに…


本日もご来店ありがとうございました。
おかげさまでたくさんの方にご来店いただいております。
少々面倒ではございますがお帰りの際は下のバナーをポチっとして頂くと
主の励みになりますので一つよろしくお願い申しあげます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

posted by PEARL at 01:36| 愛媛 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | タックルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

レンジバイブでギガアジ!

珍しく連投です。
続きのお話…。



とりあえず1尾は確保したので実験モードへ。

風が無いとは言ってもそこは佐田岬。ある程度は吹いてる。

岸からも離れてるのである程度の重さで飛距離も稼ぎたい。
でもそうなると沈むのも早くなってしまう。あんまり落としたくない。

狙いたいのは表層。濁りあり。ルアー見えにくいかも…波動系?
明るい照明。キラキラ系有効。

ここはもうハードルアーの出番じゃないでしょうか?


買ったままさしたる活躍もさせてなかったレンジバイブをブルカレ72TZ nanoにセット。
見えにくいならバイブレーションのぶりぶり波動とやらでアピールしようじゃないかっ!って妄想。

ライズの向こうにキャストして手元にバイブ感が伝わるギリギリのスピードでリトリーブ。
(これは Beeバイブで学んだ事の一つ)

おお! ガツガツなんか当たってくる。。

でもフッキングには至らない。
ひょっとしたら遅すぎなのかも…

ぶりぶり感じれるぐらいにスピードを少し上げてリトリーブ。あぁーんどストップ。
すると巻き始めの瞬間にガツッ!と食って来た。

ロッドを立ててテンション確保!ドラグがずるっと滑り慌てて増し締め。
デカアジ確定。

やっぱりねー。ハードルアーのフッキングの瞬間ってワームにはないドキドキ感あるのよ。
すげー気持ちいい。

思えば72nanoに見合う魚を掛けたのはこれが初めてかもしれない。
キャロで普通サイズのアジは結構釣ってるけど、デカアジでも操作感の違いをあまり感じない。
なんつーんでしょう。
魚の大きさ関係なしというか小さかったら小さいなりに、大きければ大きいなりに動くロッド?
ひょっとしたらもっとデカイ魚を視野に入れてるロッドなのかもしれない。

ポイントを荒らしたくないのでもちろんゴリ巻き。
余裕のぶち抜き。

IMG_0865.JPG
微妙にサイズアップの42cm。
んー。期待通りのパワフルロッド。
こりゃ愛南町のキュンキュンデカアジと早く戦わせたいなあ。

IMG_0866.JPG

こうなってくるともうキラキラ系で攻めるって事でAPOONを投げたんだけどスプーンもアリアリでした。
一発デカイの来たんですけどねー、ガイドへの糸絡みでライン弱ってたんでしょねー。
無念のライン切れ!ちくしょー。

ハードルアー縛りの半島デカアジ勝負再戦!を心に誓うのでした。
ちゃんちゃん。

・・・・・・・・・
本日もご来店ありがとうございます。

マリコカスタムもそうだけど、ハードルアーのバイトってどうしてこんなドキドキするんでしょうねぇ?
うまく説明できないんだけど誰か教えて〜〜〜。


おかえりの際は下のバナーをポチッと!
お願いしますねー。

posted by PEARL at 14:31| 愛媛 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣りに行きました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雨のギガアジ

年内最後の大きな出張を終えて
 後はソフトランディング出来るよう地道に営業するだけ…
とは言っても相変わらずのプチ出張生活。

リズムをいつもの状態に戻さねば…

釣りに行かねば…

ああ、でも松山に出稼ぎに行かねば…

ちゅうわけで、車に仕事道具と釣り道具を両方ぶっこんで宇和島を出たのでした。






まぁ、分かっていた事だけど雨。しかもじゃじゃ降り。

そのまま松山へ向かおうかと心が軋み始めた頃ギル君より入電。

「出るの?」

  「もちろん出ますよ!」

心強いお言葉に覚悟を決めて半島を目指します。


半島にでると意外にも風はない。でも雨はすごい。。。
途中、倉庫の軒をお借りしてタックルを組む。

BlueCurrent 91TZはキャロをぶち投げ尺アジリンガーでギガアジ釣れますように…

BlueCurrent 83TZは新発売の5gレンジキープ遠投でジグ単ギガアジが釣れますように…

BlueCurrent 72nanoはガンガンジグミニでギガアジが釣れますように…

特に5gレンジキープはオーシャンルーラーに重たいの作れー作れ!フックでかいの作って作って!ってお願いし続けた品だしなんとか成績を残したいところ…

・・・・・・・・・

少し車を走らせて一つ目の場所。

雨のおかげで堤防貸切!

相変わらず大雨なんだけど久しぶりの釣りなのでワクワクしながら上着のファスナーを閉める。

少し沖目に何かから逃れるようなライズ。ボラじゃない。

足元を見るとひでぇ濁り。

すでに水が相当入ってるみたい。

とりあえず91TZ/PeeCaro12g/ソルトフック#4赤ラメコート/尺アジリンガーグローホワイトシルバー。

ライズの見える沖目にキャスト。
中層から上での釣果が多いらしいのでラインを馴染ませ特にカウントせずリトリーブ。
生命感もあるのだがゴミも多い。。。ちょっと釣りずらい。

ゴミを避けて潮通しのいい船道方向へ移動。
湾外へ向けてキャストすると水面下からバイトの嵐!
っていうかラインに小さいのが当たってる様子。

なかなか乗ってこないのでガルプの1.5インチミノーに変えると一発で食ってきた。
首はよく振るもあまり引きは強くなく上がってきたのは30cm程のサバ。
しばらく振ってみるも状況変わらないようなので
 元の場所に戻って集中してリトリーブしてると…

突然背後から ボン! プシューー。

って、タイヤがパンクしたような音!

びびって振り返るもなんもなし…??

なんなぁ〜ん??とうろたえつつ周りを見渡すと股間から黄色い物体が…

IMG_0858.JPG
ラフトポーチ暴発2回目。。。
今まで雨でも暴発なんてなかったんだけど…。
きちんと仕舞ったのに湿気抜きのハトメから浸水したのかなぁ。

まぁそのぐらいの大雨。心折れて移動。


2箇所目。
広範囲に明かりが効いてる場所。
ちらほらライズも見えるし期待大。相変わらず濁ってる。

明るい場所で表層狙いだしワームをアジキンシルバーにチェンジ。
何かから逃れるようなライズの少し先に落とし、スラッグを取ってすぐにリトリーブ。
すると1投目からヌメッとしたデカアジなバイト。
91TZのパワーに任せてゴリ巻きからの抜き上げ。

IMG_0859.JPG

しばらくぶりの40チョボなアジ。
フックは信頼のソルトフックライトゲームカスタム#4!

SHLGC.jpg

折れる気がしないしっかりしたフックのおかげでゴリ巻きの釣りが出来るのでした。

珍しく続く…
・・・・・・・・・
本日もご来店ありがとうございます。

ちょいちょいデカアジ狙いのラインはどんなんですが?と尋ねられる事があります。

ハリスは基本1.2フロロで60cmぐらい取ってます。
佐田岬の場合根も荒くないので1.5を使う事はまぁないです。
パワーリーダーはだいたい2号か2.5号で1mぐらい。
ジグ単では02PEに1.2フロロ。気分で1.5フロロを1mぐらいです。
この程度の太さがあればほとんどの場合ゴリ巻きでいけます。

 まぁ、普段とぜんぜん違うサイズの魚が目的なのでラインは強くしておくのが普通に基本です。
繊細さが求められる釣りではありませんしね。
 細いラインでもドラグジャージャー出してけば取れなくはないでしょうけど、大抵は切られて終了です。
釣り場がどんどん荒れてしまい自分にも周りの釣り人にもがっかりな事になってしまいます。

ドラグが出るのはフッキング後こっちを向かせる為に竿を溜めてる時にチリチリっ。
不意の反転の時にちりっ。ぐらいってのが理想だと思います。



おかえりの際は下のバナーをポチッと!
お願いしますねー。


posted by PEARL at 13:23| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣りに行きました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。