2015年11月22日

久々のデカアジ釣行

朝、後輩くんから入電。
「どこ?」
 「ん〜、松山着いたとこ」

「釣り道具持って行っとる?」
 「とりあえずのセットは持ってきとるけど何?」

「久々にデカアジ行かん?」

ん〜。。

仕事は詰まってるのだが…
もう1ヶ月近くも釣りに行ってないし…
久々に後輩くんが声かけてきたし…
尺アジリンガーも入荷してるし…
オーシャンルーラーからは新発売のレンジキープ届いてるし…

  
 相変わらずのバタバタでもうしばらくは釣り行けんなぁ〜と
思っていたのですが折角のお誘い…。
断わる訳にもいくまい…。

ポチッとな。



仕事終わって半島ダッシュ。

途中、ギル君から入電。
彼も向かってるらしい。

なんだか賑やかな釣行になりそうです。



夕方に入った後輩はすでに尺UPを数本あげてるものの時が進むにつれて渋くなってるそう。
離れた場所に居たギル君達にご挨拶して後輩が釣ってた場所に立つ。

BlueCurrent 83TZに今度新しく発売されたレンジキープの3.5g/5gのジグ単で狙いたいとこなんだけど、やっぱり飛距離が足りそうにない。

少し風もあるようだしPeeキャロ11.5g。
風で乱れない飛行姿勢と重量。沈み過ぎないリトリーブ性が欲しい。
 デカアジ来ても平気で抜けるソルトフックライトゲームカスタム#4番。ツブシ2号。
ワームはもちろん尺アジリンガー。グローホワイトシルバー。尺上狙いの鉄板ワーム。

しばらくは切れ藻で釣りずらかったものの、しばらくで潮が動き始め快適に。

ここからが勝負と少しレンジを上げると久々の魚の感触。

幸先よく34cm程度の良型アジ。
IMG_0774.JPG
あらら、久々なもんだから写真もブレブレ。


なかなか続かずシーバスみたいなライズをするアジを狙って上を狙えば小サバが戯れてくる。

悶々してるとギル君から入電。45センチ釣れましたよーだって。

一度は意地を張って粘ってみるもどうにも芳しくない。
2度目の入電の誘惑には勝てずたまらず合流。

もう気は済んだと余裕をかますギル君を横目にフルキャスト。

アジはそれほど大きくない集団で回遊してるらしく、ぱたぱたっと釣れてはしばし沈黙してるらしい。
遠投して広く探るのが吉。

狙い目は中層との事で着水後スラッグを取ってテンションフォールで5カウントからリトリーブ。
キャロはバックスライドばかりが取り沙汰されがちですがテンションかけてゆっくり落としたり、レンジをキープさせたりってのも肝なのです。

風も収まってきて釣りやすい。そんな事を考えながらの2投目。

キャロの重みを83TZのティップに預けてリトリーブしてると、
穂先をヌーーともってくアタリ。ロッドを立ててフッキング。

こっちに向かって走ってくるもんだからリーリングに少し慌てたけどおもむろに反転して竿を持っていく。
デカアジの急な反転にもロッドが追従する。その幅が83TZはものすごく広い。
チビアジでもデカアジでも相手の引きに合わせて曲がってくれるので余計なドラグを出さないで済む。
テンションが抜けきらないようリールを巻く事に専念。

まぁまぁでかいしギル君もタモいれましょうか?と声をかけてくれたんだけど久々のデカアジ。
ライトゲームカスタムもしっかり掛かってるようだし、かっこよく抜きあげたい。

魚体が現れたところで暴れる前に一気に抜き上げ。
IMG_0776.JPG

1年ぶりの40 UP。
IMG_0775.JPG
いやーやっぱり気持ちいいもんですな。


2匹目を狙ってキャストしますがアタリはあるもののフッキングには至らず …。
ライズはあるので表層をガンガンジグかスプーンで遊ぼうと思ったら忘れて来てるし…。

翌日も仕事なので最後の1匹、36cm程度のまるまるしたアジをやっつけて
宿へと戻りました。

IMG_0777.jpg
・・・・・・・・・
本日もご来店ありがとうございます。

恒例秋のデカアジまつりが本格的に開幕したようです。
カゴ釣りの方もおられましたが数では勝てないものの、型ではアジングの方が有利な気がします。
例年に比べしっかりした躯体のアジが多いようです。

尺アジリンガーにペケリング3インチとデカアジ狙いのパートナーも売られてる事ですし
たまにはデカアジ狙いも楽しいですよぉ。


今シーズン初メガ!ご祝儀ポチえお宜しくお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ


SHLGC.jpg
BC83tz.jpg
posted by PEARL at 14:21| 愛媛 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 釣りに行きました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

【外カフェ】めちゃくちゃ良さそうに見えて実はそうでもないもの


自分の外遊びの起源はいつ頃だったろう?

両親の仕事柄釣りを最初にしたのはおそらく小学校低学年の頃。
真珠筏のフロートに居ついたエビを餌に黒魚(グレ)やメバルを手釣りで釣ってたのがおそらく始まり。



まぁ、そんなのは家に子供一人置いとけない親が仕事場に連れてきたってだけでアウトドアとは言える筈もなく、学校行事の自然の家とかで飯盒炊爨(はんごうすいさん)とかがおそらく初体験。
それはそれで楽しかったんだけど、ちゃんと興味を持ったのは地元を離れ見知らぬ街の高校に通い始めた頃。

見知らぬ街の見知らぬ学校で初めて仲良くなったツレはサイクリスト。
当時は今みたいなクロスバイクやロードレーサーではなく、キャンパーやランドナーと呼ばれるテントや生活用具一式を自転車に満載して何日も旅歩く長距離ツーリングが主流だった。

そいつらと遊ぶにはやはりスポーツタイプの自転車は必需品で、ツレとそのまたツレ達の中古の部品を集めて1台のランドナーを組んでもらい、その自転車であちこちを走り回ってた。

そんなある夏。大学生のユースホステル部の合宿キャンプに行かないか?と誘われ参加。
たいして役に立たない高校生の仕事は湯沸かし。
真面目そうなのになぜかイケイケな空気を纏った大学生の兄さんと清楚さが逆にエロさを醸し出してる姉さんに湯の沸かし方を教えてもらう。

そこで外国語が書かれたボロボロのでっかいミルク缶のような容器から取り出されたのばホエーブス

phoebus625250.jpg


燃料をタンクに注ぎ、指が痛くなるほどのポンピングで加圧し、タンクにメタ(ゼリー状のアルコール燃料)をのせてプレヒート(余熱をかけること)。

バルブを少し開けて、マッチで着火し… 大学生の兄さんはZippoでカッコよく付けてたけど…

お決まりの火だるま。

 慌てる俺たちを鎮めるかのように兄さんは冷静にバルブを閉め事なきを得る。

気を落ち着かせて、再度バルブを開き火を寄せると一瞬の小さな爆発音とともにブス(ホエーブス)に火が入り、力強い吸気音をあげる。

そのピッチが徐々に力強くなるとともにブスの無骨なバーナーヘッドに灯された火は青く冷たいものに変化していく。

この青い炎と吸気音にすっかり魅了されてしまい、私の火遊び歴が始まったのです。

ネタは自転車からバイクに変わり、スキーにハマったりカヤックにのめり込みこんだり、ダイビングに浸かったりしながら
まぁいろんな外遊びをぐるぐる回ったけどいつも傍には小型ストーブ。

人の気配のない遊び場で入れるコーヒーが好き。



・・・・・・・・・



割と昔からあるんだけど、なかなか買えない茶道具があります。

モンベル O.D.コンパクトドリッパー
ecinfo_002_03373.jpg




ユニフレームのコーヒーバヨネットと同様、OD(アウトドア)用のコンパクトなドリッパー

目の細かいメッシュ素材で箸とバネでコップの上で自立し、紙フィルターを使わないからゴミも出ない。

バネを8の字に畳めば極薄。コッヘルの隙間にだって入っちゃう。重量4g。

究極な外遊び用のドリッパー。



欲すぃい…


でも何故か私のゴーストが「買うな…」と囁き続けてきた。。。

しかしある日ゴーストの忠告を押し切り手にとってレジに並んでしまう。
会計の時居合わせたモンベル松山店の店長に訊く。

「これ、どうですか?」

 「あ、いいですよ!僕も家で使ってます。^^」

「ん? 家?  外では?」

  「普通のドリッパー使ってます^^」

「ん? んん? まぁいいやお会計」


この時既に予定調和的な何かを感じていました。

・・・・・・・・・

続く…              のか?

posted by PEARL at 09:25| 愛媛 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 物欲補完計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

レンジキープに重いの追加!

ご無沙汰しております。

仕事とプライベートのバタバタはまだ続いておりまして
日々ヒィヒィ言っております。


巷ではぼちぼち大きめのが釣れたとか、
クーラー満タン!とかいう話が蔓延しておりますし、

ペケリングは3インチが出てくるし、
心待ちにしていたアジリンガーPROと尺アジリンガーの再販物が入荷してきたりと、釣り心がムズムズしてる状態です。





そんな私に1通のMAILが…

クレイジグレンジキープサイズ追加のご案内



お世話になってるオーシャンルーラー様からのお便り。


レンジキープってのはオーシャンルーラーのジグヘッド。

ヘッドウエイトにリップを設ける事で、レンジキープを容易にすると共にテンション感もわかりやすく、

1本でリトリーブもダートもOK!ってジグヘッド。

IMG_8781.JPG


早速 HPを確認してみると…


top_crazyg_rangekeep.jpg


スクリーンショット 2015-11-12 20.12.56.png

ウエイト  フックサイズ

 1.8g    #4

 2.2g    #4

 3.5g    #2

 5.0g    #2


4種類の新ラインナップ。


 1.5gから2.2gの間を埋める1.8gが新登場!

フックサイズも#4でデカアジ対応。

間空いてたから中間サイズ欲しかったのよね。


新たに3.5gと5gが仲間入り。フックサイズが#2。


そしてフックのカラーがシルバーからブラックへ。



昨年仲良しの間で3.5gジグ単の釣りが流行りまして、

遠投が必要な上に深いとこまで落としてく釣りなので

クレイジグレンジキープが沈降が早いとはいえ、もうちょっと重たいの欲しかったんですよねー。


オーシャンルーラー自信のロングシャンクショートゲイブとはいえ、デカアジ狙いでは心細かった#6フックも#4になったという事で大歓迎。


クレイジグのフックは他社のフックに比べ少し小ぶり。

これまでのレンジキープの#6は他社の#8程度。

 ショートゲイブで吸わせてより確実に口の中へフックを放り込む作戦なんだけど、40アジの500円玉並みの口を見てるとさすがにもう少し大きくてもいいと思っていました。


今回の追加ラインナップはメバル、カサゴ、ソイ、アコウなどの小〜中型ロック狙いでボトムにリグを届け棚を取りやすい設計との事ですが、私にとってはより遠くのより深いエリアの底付きアジ狙いに思えてしょうがありません。


3.5g、5.0gの#2フックも他社の#4程度だろうし尺上アジ狙いではさして問題にはならんでしょ。

半島のデカアジ狙いにはもうぴったりなんじゃないかと!^^




それよりも気になるのは頭の鉛の大きさです。

リップが特徴のクレイジグレンジキープでは鉛部分がどうしても大きくなりがち、

正直2.2gでももう限界ってぐらい大きいのだけど、今度の新型でどうそれを処理してるか?

は現物を見ていない私のお楽しみな部分。


できるなら重たい方のラインナップはタングステンで小ぶりに仕上げてくれるとなーとも思っていたのですが、材質に変更はないようです。


まさかだけど3.5g、5gはロック用のゲイブの深い針だったりして…



まぁ、妄想は広がりますね。




mailには早速返信して、現物手配済み。

届いたらいち早くレポートさせて頂きますね。



本日もご来店ありがとうございます。

ご無沙汰なのですが盛大なポチを頂けたらうれしいなぁ〜。



posted by PEARL at 21:35| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タックルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする